実績検証(週)
↑米国利上げは09月なのか!

2015年08月第一週は、12ポジションの決済により、+240pips、計24,000円の利益を上げることができました!

先週のまとめ

ドル円、米国雇用情勢の回復基調で09月利上げ観測強まる

先週のドル円は、ドル高円安で進みました。
09月利上げ観測はますます強くなり、ドルは07日の欧米市場で一時125円06銭~08銭まで買われ(ドル高となり)ました。

05日発表された07月の米国ADP雇用統計が予想を下回り(予想+21.5万人、実際は前月比+18.5万人)、ドル売り(ドル安)が進んだものの、その後発表された米国07月のISM非製造業景況指数が2005年08月以来の高水準を記録したことで、09月利上げ観測が強まりました。

07日発表された米国07月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想をやや下回ったものの(予想+22.5万人、実際は前月比+21.5万人)20万人台を維持したことや、米国07月失業率は予想通りだったこと(予想:5.3%、実際も:5.3%)により、全体的には雇用情勢の回復が続いていることを示す内容となり、09月利上げにさらなる期待を持たす結果となりました。

しかし、米国企業の低調な業績内容も含め、09月利上げ観測強まれば強まるほど株安は進み、NYダウ平均株価は7営業日連続で下落。

皮肉なことにドル買い円売り(ドル高円安)から一転、ドル売り円買い(ドル安円高)が進みました。

結局ドル円は、124円11銭で取引を終えました。

先週のドル円の推移は、123円79~81銭から125円06銭~08銭でした。


今週の予想

09月利上げが正当化される材料探し

今週のドル円は、123円後半から125円程度でのレンジ相場でしょうか。

米国09月の利上げ期待が高まっている中、その09月までは利上げが正当化される材料探しが続くと思われます。

具体的には今週で言えば、米国アトランタ地区連銀のロックハート総裁の講演。
連邦公開市場委員会(FOMC)にて投票権を持ち、中立派と見られているだけに注目です。

また13日発表の米国07月小売売上高などがそれに当たります。

特に米国アトランタ地区連銀のロックハート総裁が、早期利上げに前向きな発言をした場合には、09月利上げの可能性は一層高まり、ドル円は再度125円突破となり、年初来高値(125円86銭)を試す可能性もあります。


今週の注目材料

10日 【米国】
アトランタ連銀ロックハート総裁講演

米連邦公開市場委員会(FOMC)中立派と見られている米国アトランタ地区連銀のロックハート総裁が講演します。

ロックハート総裁は先日、09月の利上げを支持する内容の発言をしており、非農業部門雇用者数が市場予想を下回った現在も同様の考えなのか、注目が集まります。

今週一番為替相場に影響を与えるイベントかもしれません。


13日 21:30 【米国】
07月 小売売上高

09月利上げに向けての正当化材料となるかどうかが注目されます。

ADP雇用統計は予想を下回ったものの、07月ISM非製造業景況指数は大幅に上回りました。
07月雇用統計も予想を下回ったものの20万人台を維持し、悪くない内容だったことから、07月小売売上高などの経済指標が予想を上回れば、弾みがつくというものです。


FX為替相場の感想

07日に発表された米国07月の雇用統計の結果が悪くなかったのに[非農業部門雇用者数(予想+22.5万人、実際は前月比+21.5万人)、失業率は(予想:5.3%、実際も:5.3%)]、米国株の軟調地合いが続い結果からか、ドル円125円07銭から124円11まで下落したのが地味にショックです。

管理人は20銭間隔で設定しているので、これが125円11銭から124銭09銭までの幅だったら(利益が出たので)許していたかもしれませんが(笑


結構重要性(影響度)を押していたのですが、日銀金融政策決定会合、その決定内容発表は予想通り、黒田東彦日銀総裁定例記者会見も無難な会見となり、為替相場には影響を与えませんでした。

そのリベンジではないですが、今週は特に米国アトランタ地区連銀のロックハート総裁の講演を押します。

米国利上げは09月に向けて、要人発言も含め下慣らしは着々と進んでいるように思えます。


iサイクル注文トラッキングトレードについては、今後も120円~126円程度のレンジ相場と予想します。


現在の保有ポジション

125.703
125.500
125.300
125.100
124.900
124.700
124.500
124.300


125円台ポジションのスワップ金利が結構凄いことになっていますが、いい加減決済になって欲しいです。


↑管理人も利用中:最大10,000円キャッシュバック!



必要金額と値幅を参考にiサイクル注文トラッキングトレードを始められてみてはいかがでしょうか。

マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも、参考・目安になると思います。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。


iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
08/03(月) 20
08/04(火) 20
08/05(水) 120
08/06(木) 20
08/07(金) 60
08/10(月)
08/11(火)
08/12(水)
08/13(木)
08/14(金)
08/17(月)
08/18(火)
08/19(水)
08/20(木)
08/21(金)
08/24(月)
08/25(火)
08/26(水)
08/27(木)
08/28(金)
08/31(月)
当月合計 240
総  計 8,240
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット