iサイクル注文 トラッキングトレード検証ブログ-1ポジション決済-
↑06日は、1ポジションの決済により、+20pips、計2,000円の利益でした!
(花火1発で1ポジション決済の意味(涙)

06日のまとめ、感想

06日のドル円相場は、
東京市場では124円69銭~71銭から124円91銭~93銭で推移。
欧米市場では一時124円60銭近くまで下落しました。

米国の週間新規失業保険申請件数が、予想より減少したことでドル買い(ドル高)が先行したものの、原油安(44.20ドルまで下落)、米国株安(ダウ平均は120.72ドル安)により債券利回りが低下、結果ドル売り(ドル安)が進みました。


本日07日のドル円は、米国雇用統計発表までは124円半ばから後半での推移でしょうか。

日銀の金融政策決定会合の結果公表、日銀黒田総裁の記者会見、そして米国雇用統計とイベントが目白押しです。

この時間帯は注意が必要です。


昨日は米国の週間新規失業保険申請件数が予想より減少(ドル買い)⇒09月利上げ観測強まる⇒米国株安⇒ドル売り(ドル安)という流れでした。

東京タイムでのイベントである金融政策発表は、現状維持で無風通過しそうですが、黒田日銀総裁の記者会見は注目です。

為替に関する言質を取られたくないでしょうから、自ら言うことはないでしょうが、質問に答える形では出るかもしれません。

今まさにドル円は「黒田ライン」とされる124円後半の状態ですから、円安容認発言が出れば125円突破、逆に円安けん制発言が出ればドルの上値は重くなりそうです。

さてニューヨークタイムでのイベント米国雇用統計ですが、市場予想では非農業部門雇用者数は+22.5万人、失業率5.3%となっています。

米雇用統計の参考となる07月ADP全国雇用者数が低い伸びとなったことで予想を下回ることも十分予想されますが、米連邦準備制度理事会(FRB)は、07月と08月の雇用統計も参考に“総合的”に判断すると言っています。

07月の雇用統計内容が少しくらい悪くても、08月の内容が良ければ、09月利上げをためらう事はないと思います。

要人発言による下慣らしは着々と進んでいるように思えますしね。

今後も120円~126円程度のレンジ相場と予想します。


06日のポジション ⇒ 決済レート 取引損益

125.703
125.500
125.300
125.100
124.900
124.700 ⇒ 124.900 2,000円


本日の重要経済指標

未 定 【日本】
日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
重要度 ☆☆☆

未 定 【日本】
日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
重要度 ☆☆

15:30 【日本】
黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
重要度 ☆☆

21:30 【米国】
07月 非農業部門雇用者数変化
重要度 ☆☆☆

21:30 【米国】
07月 失業率
重要度 ☆☆☆



iサイクル注文 トラッキングトレードの必要金額と値幅を参考に始められてみてはいかがでしょうか。

マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも、参考・目安になると思います。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。


↑管理人も利用中:最大10,000円キャッシュバック!



iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
08/03(月) 20
08/04(火) 20
08/05(水) 120
08/06(木) 20
08/07(金)
08/10(月)
08/11(火)
08/12(水)
08/13(木)
08/14(金)
08/17(月)
08/18(火)
08/19(水)
08/20(木)
08/21(金)
08/24(月)
08/25(火)
08/26(水)
08/27(木)
08/28(金)
08/31(月)
当月合計 180
総  計 8,180
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット