iサイクル注文手数料無料

iサイクル注文は外為オンライン

iサイクル注文は外為オンライン



2017年11月第1週は260pips、計26,000円の利益でした!

2017年11月は合計220pips、計22,000円の利益です!


ドルの上値は重いものの下値は底堅く、レンジ相場が続きそうなiサイクル注文トラッキングトレードを始めるチャンス!

先週のまとめ

先週のドル円は、米国税制改革(大型減税)への期待からドル高展開となりました。

週の終値もおよそ1ドル=114円05銭と、先週終値の113円68銭から、37銭程度のドル高円安でこの週の取引を終えています。

高水準な米国経済指標

米国10月の消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)は125.9と市場予想の121.4を大きく上回り、16年10カ月ぶりの高水準を記録しました。

また10月シカゴ購買部協会景気指数も市場予想60.0に対し、結果は66.2。

10月ADP雇用統計も前月比+23.5万人と、市場予想の同+19.6万人を上回るなど、堅調な米国経済指標により、ドル買い円売り(ドル高円安)が進みました

米国税制改革(大型減税)への期待

米国共和党が発表した税制改革(大型減税)案の一部により財政悪化懸念が強まり、一時リスク回避的なドル売り(ドル安)が進みました。

しかしその後、米国トランプ大統領が年内の税制改革(大型減税)の実施を再確認したことから、リスク回避のドル売り(ドル安)は後退しました。

次期FRB議長はパウエル氏

トランプ大統領はイエレン米国連邦準備理事会(FRB)議長の後任人事について、正式にパウエル現FRB理事を指名。

一時はドル売り(ドル安)で反応すると言われていたものの、市場も無難な人事と評価しており、またイエレンFRB議長の政策を踏襲するとの見方からドル売り(ドル安)の動きは限定的で、逆に株価は歓迎の株高展開となりました。

米国雇用統計

11月03日に発表された米国10月の雇用統計では、失業率は市場予想の4.2%を下回る4.1%と2000年12月以来の低さとなったものの、非農業部門雇用者数就業者数が前月比+26.1万人と市場予想の同+31.2万人を下回ったこと。

さらに平均時給の伸びが前月比+0.0%と市場予想の+0.2%を下回ったことから、失望のドル売り(ドル安)が進み、ドルは一時113円63銭-64銭まで下落しました。

しかしその後発表された10月のISM非製造業景況指数(総合)が60.1と市場予想の58.5を上回ったことから、ドル円は114円台を回復し、結局114円04銭-05銭でこの週の取引を終えました。

ドル円の推移

先週のドル円推移は、112円95銭-96銭から114円42銭-43銭です。

ちなみに先々週のは、113円24銭-25銭から114円44銭-45銭です。

さらにその前の週は、111円64銭-65銭から113円56銭-57銭です。

参考までにその前は、111円68銭-69銭から112円82銭-83銭です。

ひとつおまけに前週、112円31銭-32銭から113円43銭-44銭です。

もうひとつおまけで、111円47銭-48銭から113円25銭-26銭です。

トラッキングトレードはFXブロードネット
今なら20,000円キャッシュバック!
トラッキングトレードは管理人も利用中


今週の予想

今週のドル円は、米国の12月利上げ観測からドル高円安基調が継続する見込みです。

米国連邦準備制度理事会(FRB)による年内12月の追加利上げは確実視されていることから、あとはトランプ政権と共和党による税制改革(大型減税)の実現に向けた動きに注目が集まります。


今週の重要な日本・米国の経済指標・イベントは、

11月06日の日米首脳会談

11月10日の11月 ミシガン大学消費者信頼感指数

などが予定されています。


注目は、安倍首相と米国トランプ大統領による日米首脳会談

会談終了後には共同記者会見も予定されています。

首脳会談では主に北朝鮮情勢に関する意見交換が主な内容になると言われていますが、トランプ大統領が米国の対日貿易赤字(日米間の貿易不均衡是正)について言及した場合、ドル売り円買い(ドル安円高)に進むと思われます。

(ただその後中国にも訪問し米中首脳会談を行うことになっており、対日貿易赤字より対中貿易赤字の方がよっぽど多いため、日本はそれほど議題に挙がらないと思われます)

税制改革(大型減税)法案可決成立時期

トランプ政権と共和党執行部は、税制改革(大型減税)法案の下院での可決成立時期を今月下旬の感謝祭(11月の第4木曜日)までにと考えています。

報道によると下院共和党は税制改革(大型減税)法案について、法人税率を35%から20%に引き下げ、所得税の税率区分を減らす内容となっています。

しかし有識者の間では財源確保の問題から議会の支持(賛成)を得ることは難しく実現できそうにないとの声が聞かれています。

このままでは十分な議会の支持(賛成)を得ることが難しいことから、法案内容の一部を修正するための調整が行われていますが、この調整に手間取り、法案の可決成立時期が12月以降にずれ込んだ場合、実現性への疑問からドル売り(ドル安)材料となる可能性があります。

米国連邦準備制度理事会議長後任人事

イエレン米国連邦準備理事会(FRB)議長の後任人事についてトランプ大統領は、ムニューシン米国財務長官が推しているハト派寄りのパウエル現FRB理事を正式に指名しました。

有力候補であったタカ派のテイラー教授(スタンフォード大学)に比べ、年内12月の追加利上げは兎も角、来年以降の追加利上げについては比較的緩やかになるとの思惑が広がっています。

しかし米国の金利正常化の流れは堅持されているとの見方から、日米金利差拡大への思惑により引き続きドル買い円売り(ドル高円安)は進みそうです。

今週のレンジ予想

今週の予想レンジは、112円50銭から115円50銭までと予想します。

ちなみに先週は、112円50銭から115円50銭という予想でした。


FX(外国為替証拠金取引)の感想

イエレン米国連邦準備理事会(FRB)議長の後任人事。

散々引っ張ってすったもんだした挙句、結局現FRB理事のパウエル氏が正式に選ばれました。

パウエルFRB理事はイエレンFRB議長と同じく追加利上げには慎重なハト派よりと見られていますから、現状からの大きな方向転換は無く、イエレンFRB議長の考え方がが踏襲されるでしょうし、市場の混乱もなさそうです。

ただ学者出身のイエレンFRB議長は金融機関への規制強化賛成の立場ですが、パウエルFRB理事は規制強化反対、規制緩和賛成と言われています。

市場(特に株式市場)は今回の人事を歓迎しており、米国株価のもう一段高の株高展開も十分あり得ます。

米国株価が上がればつられる形で日本株も上昇しやすく、最近は関連性の低下が指摘されていますが、ドル高円安に進みやすく、円安が進むとさらに日本株の株高展開も期待できることから、テイラー教授よりもパウエル現FRB理事の方が良かったかもしれません。

管理人は(分からない為)株はやってませんが、日本株と米国株へのインデックス投資信託は行っているので、うん、これで良かったかも(笑


ただ管理人にも心配事が…。

このブログの内容とは違いますが、管理人はトライオートFXもやっていて、インヴァスト証券さん主催のリアルトレードグランプリにも参加しています。

そちらでは両建てで参戦していますので、思っていたよりもドル高円安が進んで“売り”ポジションでの含み損が膨らんでいます(涙

マイナススワップポイントも多くなってきたし、ちょっと複雑な心境です(汗

“売り”ポジション派は整理した方が良いですね…。


iサイクル注文トラッキングトレード運用設定時のドル円相場は、

短期:110円~117円程度のレンジ相場
長期:107円~117円程度のレンジ相場

と予想します。

iサイクル注文トラッキングトレードは遊んでいる最中や寝ている最中でも自動で売買取引しているので、資金管理と設定さえしっかりしておけば、あとは見ているだけ、もしくは結果を確認するだけとなります(笑)

iサイクル注文は外為オンラインの登録商標です。
トラッキングトレードは外為オンラインからライセンス供与を受けたサービスです。


iサイクル注文手数料無料

iサイクル注文は外為オンライン

iサイクル注文は外為オンライン


現在の保有ポジション

115.900
115.700
115.500
115.300
115.100
114.900
114.700
114.500
114.300
114.100


当たり前ですが、やはり為替って上がったり下がったりです。

小さな幅のレンジ相場、大きな幅のレンジ相場の中を行ったり来たりしています。

お金は儲けることよりも、失わないようにすることの方が重要です。

精神安定のためにも、お金を損しないためにも想定変動幅は広く、大きく取ることをお薦めします。


なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。

必要金額と値幅を参考にiサイクル注文トラッキングトレードを始められてみてはいかがでしょうか。


iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
2015年10月 1,620
2015年11月 880
2015年12月 1,660
2016年01月 440
2016年02月 -13,440
2016年03月 1,280
2016年04月 -12,940
2016年05月 60
2016年06月 -15,210
2016年07月 5,220
2016年08月 2,080
2016年09月 2,280
2016年10月 1,780
2016年11月 5,700
2016年12月 5,520
2017年01月 4,740
2017年02月 2,460
2017年03月 420
2017年04月 -6,240
2017年05月 1,820
2017年06月 1,540
2017年07月 1,420
2017年08月 1,580
2017年09月 1,310
2017年09月 1,080
11/01(水) 60
11/02(木) 60
11/03(金) 100
11/06(月)
11/07(火)
11/08(水)
11/09(木)
11/10(金)
11/13(月)
11/14(火)
11/15(水)
11/16(木)
11/17(金)
11/20(月)
11/21(火)
11/22(水)
11/23(木)
11/24(金)
11/27(月)
11/28(火)
11/29(水)
11/30(木)
当月合計 220
総  計 580

iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット