iサイクル注文 トラッキングトレード検証ブログ-3ポジション決済-札束-
09日は、3ポジションの決済により+60pips、計6,000円の利益でした!

09日のまとめ、検証

09日のドル円相場は、
東京市場では、119円83銭-85銭から120円20銭-22銭で推移。
欧米市場では、一時120円35銭近くまで上昇するも、120円20銭前後で取引を終えました。

08日公表の09月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表を受けて年内利上げ観測が後退、ドル円の頭を抑える形となっています。

週末を控えていること、日本は3連休になることから、薄商いの展開となり、大きな値動きは無く、120円20銭前後の取引となりました。


本日09日のドル円は、120円台での展開でしょうか。

本日の東京市場は休場。
中国欧米諸国とも、有力な経済指標の発表は特に無く、手がかりとなる材料が無いことから薄商いの状態が続く見込みです。


FX(外国為替証拠金取引)の感想

09日に発表された国際通貨基金(IMF)の声明で、自国経済の防衛のための「自国通貨切り下げ(いわゆる通貨安競争)」に対する牽制声明が出されました。

これの何が問題かというと、日本銀行や欧州中央銀行(ECB)は追加緩和をしよう(して欲しい)としているのに行いにくくなった、ということです。

まあ、行うこと自体はIMFの声明内容に反する行為ではないのですが、相当な理由が必要になります。

日本銀行が10月末に追加緩和を行うことは難しくなった、との市場関係者の声が聞かれますが、まぁ正直に従うこともないですし、従っていない国はたくさんあるのですけれどもね…チラッ。


本日の重要経済指標

特になし


iサイクル注文やトラッキングトレード、連続予約注文などのリピート注文系システム(自動売買)トレードのメリットデメリットをまとめてみました。
iサイクル注文 トラッキングトレードの評判検証
参考にしてみてください。

方向性を見極める展開が続いています。
iサイクル注文トラッキングトレードに得意のレンジ相場の展開が予想されますので、必要金額と値幅を参考に始めてみるのも良い時期だと思います。

必要金額と値幅は、マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも参考・目安になります。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。

iサイクル注文やトラッキングトレード設定時のドル円相場は116円~124円程度のレンジ相場と予想します。


↑管理人も利用中:最大10,000円キャッシュバック!



09日のポジション ⇒ 決済レート 取引損益

123.100
122.900
122.700
122.500
122.300
122.100
121.900
121.700
121.500
121.300
121.100
120.900
120.700
120.500
120.300
120.100 ⇒ 120.300 2,000円
119.900 ⇒ 120.100 2,000円
119.700 ⇒ 119.900 2,000円


米国雇用統計発表というイベントを通過し、大きく値動きする要素が見当たらないですが油断は禁物です。
変動想定幅と必要資金は余裕を持った設定にした方が、より安全です。

なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。


iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
10/01(木) 80
10/02(金) 220
10/05(月) 60
10/06(火) 20
10/07(水) 40
10/08(木) 40
10/09(金) 60
10/12(月)
10/13(火)
10/14(水)
10/15(木)
10/16(金)
10/19(月)
10/20(火)
10/21(水)
10/22(木)
10/23(金)
10/26(月)
10/27(火)
10/28(水)
10/29(木)
10/30(金)
当月合計 520
総  計 4,980
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット