iサイクル注文 トラッキングトレード検証ブログ-5ポジション決済-札束-
02日は、11ポジションの決済により+220pips、計22,000円の利益でした!

02日のまとめ、検証

02日のドル円相場は、
東京市場では、119円77銭-79銭から120円14銭-16銭で推移。
欧米市場では、一時120円40銭-42銭まで上昇後、118円67銭-69銭まで下落。
119円90銭-91銭で取引を終えました。

30日発表の米国09月のADP雇用統計が予想を上回り(予想19.0万人、結果20.0万人)、02日発表の雇用統計にも期待がもたれ、強い雇用統計内容が利上げを後押しするとの思惑もあり、ドル買いが進みました。

しかし結果は予想外のネガティブサプライズ。
年内の利上げ観測が後退し、ドル売り(ドル安)が進みました。

その後、ブラード米セントルイス連銀総裁のタカ派発言や利上げ後退観測による米国株価の上昇に伴いドルは値を戻しました。


本日05日のドル円は、119円台後半から120円台前半での推移でしょうか。

雇用統計の結果を受けて、今月27-28日に開かれる次回連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが行われる可能性はほぼなくなりましたが、年内利上げ観測は根強く、また日銀による追加緩和の思惑もあり、大きくドル安円高に進む可能性は低いでしょう。


FX(外国為替証拠金取引)の感想

先週はなんと言っても米国の雇用統計発表で、09月30日発表の米国09月のADP雇用統計が予想を上回り(予想19.0万人、結果20.0万人)、02日発表の雇用統計に期待がもたれましたが…。

結果はまさかの、
09月非農業部門雇用者数変化 予想:20.0万人、結果:14.2万人
08月非農業部門雇用者数変化 17.3万人から13.6万人に下降修正
という結果に。

それを受けてドル円は118円67銭-69銭まで下落しましたが、米国株価の上昇もあり一時は120円台まで反発上昇しました。

米国の年内利上げに関しては懐疑的な見方が広がっており、ドル円の頭は抑えられそうですが、日本銀行による10月追加緩和の思惑も広がっており、結局はレンジ相場(118.5円-121.5円)が続く可能性が高いという結果に。

しかし、米国各地区連銀総裁の年内利上げ支持発言は多く、ブラード米セントルイス地区連銀総裁も、雇用統計発表後に
・09月の雇用統計は1ヵ月の指標に過ぎない
・雇用統計は今後強まる
と単月の雇用統計の結果が金融政策に大きな影響を与えるわけではないとの見方を示しており、やはり年内利上げ期待も(管理人含む)根強く、結局何が言いたいかというと、相場は読めないなあ…、と。

こんなオチですいません。


本日の重要経済指標

23:00 【米国】
09月 ISM非製造業景況指数
重要度 ☆☆

23:00 【米国】
09月 米労働市場情勢指数
重要度 ☆


iサイクル注文やトラッキングトレード、連続予約注文などのリピート注文系システム(自動売買)トレードのメリットデメリットをまとめてみました。
iサイクル注文 トラッキングトレードの評判検証
参考にしてみてください。

方向性を見極める展開が続いています。
iサイクル注文トラッキングトレードに得意のレンジ相場の展開が予想されますので、必要金額と値幅を参考に始めてみるのも良い時期だと思います。

必要金額と値幅は、マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも参考・目安になります。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。

iサイクル注文やトラッキングトレード設定時のドル円相場は116円~124円程度のレンジ相場と予想します。


↑管理人も利用中:最大10,000円キャッシュバック!



02日のポジション ⇒ 決済レート 取引損益

123.100
122.900
122.700
122.500
122.300
122.100
121.900
121.700
121.500
121.300
121.100
120.900
120.700
120.500
120.300
120.100 ⇒ 120.300 2,000円
119.900 ⇒ 120.100 2,000円
119.900 ⇒ 120.100 2,000円
119.900
119.700 ⇒ 119.900 2,000円
119.700 ⇒ 119.900 2,000円
119.500 ⇒ 119.700 2,000円
119.300 ⇒ 119.500 2,000円
119.100 ⇒ 119.300 2,000円
118.900 ⇒ 119.100 2,000円
118.900 ⇒ 119.100 2,000円
118.700 ⇒ 118.900 2,000円


米国雇用統計発表というイベントを通過し、大きく値動きする要素が見当たらないですが油断は禁物です。
変動想定幅と必要資金は余裕を持った設定にした方が、より安全です。

なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。


iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
10/01(木) 80
10/02(金) 220
10/05(月)
10/06(火)
10/07(水)
10/08(木)
10/09(金)
10/12(月)
10/13(火)
10/14(水)
10/15(木)
10/16(金)
10/19(月)
10/20(火)
10/21(水)
10/22(木)
10/23(金)
10/26(月)
10/27(火)
10/28(水)
10/29(木)
10/30(金)
当月合計 300
総  計 4,760
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット