iサイクル注文 トラッキングトレード検証ブログ-3ポジション決済-
20日は、3ポジションの決済により、+60pips、計6,000円の利益でした!

20日のまとめ、検証と感想

20日のドル円相場は、
東京市場では、123円78銭~80銭から124円15銭~17銭で推移。
欧米市場では、123円46銭~47銭まで下落しました。

昨日公表された連邦公開市場委員会(FOMC)07月開催分議事録を受け、09月の利上げ観測が後退。
ドル売り(ドル安)が進みました。

そんな地合いの中、中国株式相場が続落。
その結果を踏まえ、世界主要株価もほぼ全面安となり、中国や世界的な景気減速懸念から、リスク回避の円買い(円高)が加速しました。

20日に発表された07月の米中古住宅販売件数は、市場予想や06月実績を上回る力強い数字でしたが、残念ながらドル売り(ドル安)の勢いは止められませんでした。


本日21日のドル円も、123円台前半での推移でしょうか。

世界的な株安を背景に、リスク回避的な円買い(円高)が進む可能性が高いです。


中国株安による景気減速懸念は一考に価するかもしれませんが、欧米株安は米国の09月利上げに備えた調整段階とも言え、そう言えるという事は、為替相場も調整段階と言えます。

中国震源の世界的な景気減速懸念ですが、米国経済の力強さは良好な経済指標に示されており、実態経済よりもイメージでの感覚経済(今作った造語(笑)を反映していると言えます。

中国当局の力技や改善への見通しが示されれば、すぐに回復すると思われるのですが…。


米国の利上げ時期ですが、やはり09月が有力でしょうし、遅くとも12月かと予測します。
絶賛下落中ですが、値が動かないと利益が出ませんし、この範囲なら想定の範囲内です。

ただし、122円を割ってくると含み損が精神的にきつくなってくるので(笑)、122円台の死守は願うばかりです。


今後も120円~126円程度のレンジ相場と予想します。
(iサイクル注文トラッキングトレードを行う場合は想定変動幅として見てください)


20日のポジション ⇒ 決済レート 取引損益

125.703
125.500
125.300
125.100
124.900
124.700
124.500
124.300
124.100
123.900 ⇒ 124.100 2,000円
123.900 ⇒ 124.100 2,000円
123.900
123.700 ⇒ 123.900 2,000円
123.700


なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。


本日の重要経済指標

10:45 【中国】
08月 caixin製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
重要度 ☆

17:00 【欧州】
08月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
重要度 ☆

17:00 【欧州】
08月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
重要度 ☆



必要金額と値幅を参考にiサイクル注文トラッキングトレードを始められてみてはいかがでしょうか。

マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも、参考・目安になると思います。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。


↑管理人も利用中:最大10,000円キャッシュバック!



iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
08/03(月) 20
08/04(火) 20
08/05(水) 120
08/06(木) 20
08/07(金) 60
08/10(月) 40
08/11(火) 40
08/12(水) 20
08/13(木) 80
08/14(金) 40
08/17(月) 20
08/18(火) 20
08/19(水) 0
08/20(木) 60
08/21(金)
08/24(月)
08/25(火)
08/26(水)
08/27(木)
08/28(金)
08/31(月)
当月合計 560
総  計 8,560
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット