21日のまとめ、感想

21日のドル円相場は、
東京市場では124円25銭~27銭から124円47銭~49銭で推移。
欧米市場では124円を割り込みました。

低調な企業決算を嫌った米国株式相場の下落などに連れて、安全資産としての米国債券買いが強まりました。
結果、米国債利回りの低下に伴うドル売り(ドル安)が進みました。


本日22日のドル円も124円前後で薄商いでしょうか。
昨日の欧米市場では、欧米諸国の株安を嫌気してドル安方向となりました。
本日の日本株価に注目です。

為替、動きませんでしたね。
ドル円下落により、1つ新規ポジションを約定しただけでした。

材料が乏しいなかでの調整場面といった感じでしょうか。
それとも、いわゆる黒田ライン・黒田レンジ(122円から125円)が再び意識されているのでしょうか。

ギリシャ債務問題や中国株価急落問題などの懸念が後退。
感心は米国の利上げ時期に移っているのですが、どうも頭が重いです。

ニュースなどでは「125円は政治的な問題領域」と言われているみたいですが、それを言われるとなんとも予想しようが無いです。

しかし、何度も書いてますが、
米国:年内利上げ予定
日本:量的緩和(QE)継続(追加もありうる)

ですから、長期的なドル高円安トレンドは変わらないでしょう。

今後も120円~126円程度のレンジ相場と予想します。


21日のポジション ⇒ 決済レート 取引損益

125.703
125.500
125.300
125.100
124.900
124.700
124.500
124.300
124.100


本日の重要経済指標

17:30 【英国】
英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
重要度 ☆☆

23:00 【米国】
6月 中古住宅販売件数
重要度 ☆☆



iサイクル注文 トラッキングトレードの必要金額と値幅を参考に始められてみてはいかがでしょうか。
マネーパートナーズの連続予約注文の場合、証拠金維持率100%(iサイクル注文 トラッキングトレードは20%)でロスカットになるので、当てはまりませんが、参考・目安にはなると思います。


過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
07/01(水) 100
07/02(木) 80
07/03(金) 60
07/06(月) 140
07/07(火) 20
07/08(水) 60
07/09(木) 220
07/10(金) 140
07/13(月) 100
07/14(火) 60
07/15(水) 60
07/16(木) 40
07/17(金) 20
07/20(月) 20
07/21(火) 0
07/22(水)
07/23(木)
07/24(金)
07/27(月)
07/28(火)
07/29(水)
07/30(木)
当月合計 1,120
総  計 7,640
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット