20日のまとめ、感想

20日のドル円相場は、
東京市場では124円00銭~04銭から124円18銭~22銭で推移。
欧米市場では124円40銭弱まで上昇しました。

セントルイス連銀のブラード総裁が「09月FOMCでの利上げ確率はおそらく50%以上」と発言。

市場への影響は限定的でしたが、先日のイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長も議会証言で年内の利上げを示唆しており、09月と12月の2回に分けて緩やかな利上げが行われるとの見方が広がっています。


本日21日のドル円も124円台前半で薄商いでしょうか。
日銀・金融政策決定会合議事要旨公表がありますが、目新しいものはないでしょう。
米09月利上げを意識して、ドル買い円売り(ドル高円安)が継続する見込みです。

本日のイベントとしては、豪準備銀行(RBA)が金融政策決定理事会の議事録を公表します。

当ブログでは豪ドル円は取り扱っていませんが、昨日の口先介入で1円70銭~80銭も円安に動いています。
しかし現状、利下げの効果を見極めている段階であり、注意が必要です。

ドル円は、注目だったギリシャ債務問題、中国市場の株価急落問題も一応平穏を取り戻しました。
イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言などのイベントも消化し、材料不足で値動きが無いですね。

平穏な心休まる日々がまだまだ続きそうです。
それはそれで利益が得にくい状況ではあるのですが(笑

今後も120円~126円程度のレンジ相場と予想します。


20日のポジション ⇒ 決済レート 取引損益

125.703
125.500
125.300
125.100
124.900
124.700
124.500
124.300
124.100 ⇒ 124.300 2,000円


本日の重要経済指標

08:50 【日本】
日銀・金融政策決定会合議事要旨
重要度 ☆☆

10:30 【オーストラリア】
豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
重要度 ☆☆



iサイクル注文 トラッキングトレードの必要金額と値幅を参考に始められてみてはいかがでしょうか。
マネーパートナーズの連続予約注文の場合、証拠金維持率100%(iサイクル注文 トラッキングトレードは20%)でロスカットになるので、当てはまりませんが、参考・目安にはなると思います。


過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
07/01(水) 100
07/02(木) 80
07/03(金) 60
07/06(月) 140
07/07(火) 20
07/08(水) 60
07/09(木) 220
07/10(金) 140
07/13(月) 100
07/14(火) 60
07/15(水) 60
07/16(木) 40
07/17(金) 20
07/20(月) 20
07/21(火)
07/22(水)
07/23(木)
07/24(金)
07/27(月)
07/28(火)
07/29(水)
07/30(木)
当月合計 1,120
総  計 7,640
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット