ポジション ⇒ 決済レート 取引損益
125.703
125.500
125.300
125.100
124.900
124.700
124.500
124.300
124.100
123.900
123.700
123.500
123.300
123.100
122.900
122.700
122.500
122.300
122.100
121.900
121.700
121.500
121.300 ⇒ 121.500 2,000円
121.300 ⇒ 121.500 2,000円
121.300
121.100 ⇒ 121.300 2,000円
120.900 ⇒ 121.100 2,000円
120.700 ⇒ 120.900 2,000円
120.700 ⇒ 120.900 2,000円
120.700 ⇒ 120.900 2,000円
120.500 ⇒ 120.700 2,000円
120.500 ⇒ 120.700 2,000円
120.500 ⇒ 120.700 2,000円
120.500 ⇒ 120.700 2,000円

09日のドル円相場は、
東京市場では120円40銭~50銭から121円50銭~60銭まで上昇。
欧米市場では121円20銭まで下落しました。

下落が続いていた中国株式相場が中国当局の対応もあり、大幅反発となったことでリスク回避的な円買い(円高ドル安)が緩み円売り(円安)が進行。
しかし、米国の先週分新規失業保険申請件数が予想外に増加し、02月末以来で最高となったためドル高円安は頭打ちとなりました。

本日10日のドル円は、
ギリシャ政府が債権団に提出した改革案のへの期待が広がっており、楽観論から円売り(円安)の方向へ進むでしょう。
進んで行ってくれないと困ります。

ドル円は120円前半で踏ん張りました。
さすがに120円のラインは割らないと思っていましたが、根拠も無いですし、一時期含み損が70万円を超えてましたから、正直助かりました。

逆に振り戻しで、22,000円の利益を上げることができました。
ありがたい限りです♪
しかし胃には悪い状態でした(笑

それにしても…、良いことではあるのですが、昨日の上海総合指数は急伸しました。
しかし、約1600銘柄もの売買停止を受けていたり、半年株が売れなかったり、とても正常な状態・数値とは思えませんね。
売れない株を誰が買うのでしょう?

今後も120円~126円程度のレンジ相場と予想します。



本日10日の重要経済指標
21:30 【カナダ】
6月 新規雇用者数
重要度 ☆☆
21:30 【カナダ】
6月 失業率
重要度 ☆☆
25:30 【アメリカ】
イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長 講演
重要度 ☆☆



iサイクル注文 トラッキングトレードの必要金額と値幅を参考に始められてみてはいかがでしょうか。
マネーパートナーズnanoの連続予約注文の場合、証拠金維持率100%(iサイクル注文 トラッキングトレードは20%)でロスカットになるので、当てはまりませんが、参考・目安にはなると思います。


過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
07/01(水) 100
07/02(木) 80
07/03(金) 60
07/06(月) 140
07/07(火) 20
07/08(水) 60
07/09(木) 220
07/10(金)
07/13(月)
07/14(火)
07/15(水)
07/16(木)
07/17(金)
07/20(月)
07/21(火)
07/22(水)
07/23(木)
07/24(金)
07/27(月)
07/28(火)
07/29(水)
07/30(木)
当月合計 680
総  計 7,200
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット