ポジション ⇒ 決済
125.703
125.500
125.300
125.100
124.900
124.700
124.500
124.300
124.100
123.900
123.700
123.500
123.300
123.100
122.900
122.700
122.500
122.300 ⇒ 122.500 2,000円
122.300
122.100 ⇒ 122.300 2,000円
122.100
121.900
121.700
121.500 ⇒ 121.700 2,000円
121.500
121.300
121.100

お詫び
>122円のラインが硬く、ドルの強さを物語っています。
と昨日書きましたが、122円割りました。
日付変わって09日になると、121円も割ってます。
すいません、あぁ損切りラインが、含み損が…。

08日のドル円相場は、
東京市場では122円50銭~60銭から121円40銭までで推移。
欧米市場では121円近くまで下落しました。

ギリシャ責務問題の先行きの不透明感によるリスク回避の円買い(円高)が引き続いて行われているほか、中国株式相場の急落により、円買い(円高)が加速しています。

本日09日も同様の展開でしょう。
中国経済の先行きに対する不安、ギリシャ債務問題に対する市場の懸念、改善の兆しが見えれば良いのですが、現状ポジティブ要素が見当たりません。

09日03:00にあった連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨公開によると、投票権を持つ参加者の大半が事実上のゼロ金利解除には景気回復を示す指標をさらに待つ必要があると述べ、慎重な見方が大勢を占めていました。

ドル高円安要素が見当たらず、我慢の日々が続きそうで胃が…。

今後も120円~126円程度のレンジ相場と予想します。



本日09日の重要経済指標
20:00 【イギリス】
イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
重要度 ☆☆☆
20:00 【イギリス】
英中銀資産買取プログラム規模
重要度 ☆☆
21:30 【アメリカ】
前週分 新規失業保険申請件数
重要度 ☆☆



iサイクル注文 トラッキングトレードの必要金額と値幅を参考に始められてみてはいかがでしょうか。


過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
07/01(水) 100
07/02(木) 80
07/03(金) 60
07/06(月) 140
07/07(火) 20
07/08(水) 60
07/09(木)
07/10(金)
07/13(月)
07/14(火)
07/15(水)
07/16(木)
07/17(金)
07/20(月)
07/21(火)
07/22(水)
07/23(木)
07/24(金)
07/27(月)
07/28(火)
07/29(水)
07/30(木)
当月合計 460
総  計 6,980
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット