トラッキングトレードはFXブロードネット
管理人も利用中のトラッキングトレード
今なら20,000円キャッシュバック!

10月の利益は17.8万円!

このころは民主党クリントン米国大統領候補優勢の報が伝わるにつれ、リスクオンのドル高円安となっていました(遠い目…

円高下限100円の壁は健在です。

円安上限105円の壁は突破です。

2016年10月ドル円相場の検証

2016年10月のドル円4時間足チャートBid(クリックで拡大)
2016年10月ドル円チャート↑FXブロードネット様のチャートを利用

2016年10月のドル円の値動き

2016年10月最高値
105.531円
2016年10月最安値
101.212円
2016年10月最大変動幅
4.319円

10月のドル円は、根強い米国の利上げ観測と、日銀による追加緩和期待を背景に、堅調地合いが継続。

11月の米国大統領選挙に向けてのテレビ討論会にて、民主党クリントン候補が優勢となったことから、リスクオンのドル買いとなりました。

10月後半では、これまでドルの頭を抑えてきた104円台半ばを突破したことでドル買いが加速し、7月以来となる105円台を回復。

日銀の追加緩和策も手詰まり感が露呈される中、米国は年内利上げが見込まれつつも、2017年以降の継続的な利上げが実施されるかは疑問視されており、英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票後の高値107円半ばを超える上昇相場になるかどうかは不透明です。

引用(一部改編):FXブロードネット|トラッキングトレード総評




2016年10月ドル円相場の感想

10月前半は、石油輸出国機構(OPEC)による非公式会合にて、歴史的な減産合意が材料視され、リスクオンのドル高円安基調に。

10月後半は、好調な米国経済指標を背景に年内利上げ観測の高まりと、米国大統領選挙にて共和党クリントン候補優勢による、トランプショック(トランプリスク)回避からくる政治的安定からドル高円安が進みました。

最後の最後で大統領選挙の民主党ヒラリー・クリントン候補が国務長官時代に私的な電子メールを使っていた問題に対し、米国連邦捜査局(FBI)が調査を再開したとの報道により、いわゆるトランプショック(トランプリスク)への警戒感からリスク回避の円買い(円高)が進み値を下げました。

しかし総じて上昇トレンドと言ってよい相場となり、管理人の含み損も随分と減りました(笑


米国の利上げについても月初めは「年内1回あるかどうか」だったのが、月末には「もしかして11月利上げもあるかも」と雰囲気自体が変わってきました。

原油価格も節目の1バレル=50ドルを超えてきており、株価も上昇!

このまま上昇相場に乗って嬉し楽しい年末を迎えたいものです♪


iサイクル注文手数料無料

iサイクル注文は外為オンライン




2016年10月ドル円相場の実績

トラッキングトレード 2016年10月公式
ちなみにトラッキングトレード公式では、

通貨ペア
USDJPY(ドル円)
ポジション方向
売り
想定変動幅値
800pips
対象資産
3,000,000円
口座資産
5,000,000円
ポジション間隔
24.2pips
取引数量
10,000通貨



トラッキングトレード公式は24.2pips(24.2銭)の利食い幅で、8円(800pips)の円安で損切りが発生する設定です。

2015年01月02日からの運用ということで、現在までの獲得利益は2,911,913円です。

“売り”ポジション運用のため、10月は月で見ると上昇トレンド相場だったと言って良く、09月に比べて損益を出して総利益が減っています。

まあ、こういう時もあるでしょう。

最後に勝っていれば良いのです!

ただリスク回避のためにも、大切な資金(お金)を守るためにも、価格想定幅は広く大きく設定することが大切です。

ちなみに、

通貨ペア
USDJPY(ドル円)
ポジション方向
買い
想定変動幅値
500pips
対象資産
3,000,000円
口座資産
5,000,000円
ポジション間隔
11.1pips
取引数量
10,000通貨

の設定だと2016年10月獲得損益額は、256,774円になるそうです。

月利に直すと5.1%、年利61.6%となります。

ただ、5円の想定変動幅値は危険です!

08月-10月は良いですが、06月の英国のEU離脱を問う国民投票時、11月の米国大統領選挙などではすぐに損切り(確定損)が発生してしまいます!

お金は増やすことよりも減らさないことに力(神経)を注ぐべきです!

資金は急激に増やしたりはできませんが、ポジションの設定の”売り””買い”の変更は直ぐできるので、市場の変化に合わせて、大切な資金(お金)を守ってください

利用者は、対象資産(必要金額)追加や利益確定幅を25pipsに広げるなど、ご自身でのリスク管理・資金管理・ポジション管理をお願いします。

(ええ、管理人を反面教師にてください)

トラッキングトレードテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析、パソコン画面に張り付く時間、そんなものが無くても利益を出すことは(FXで稼ぐことは)出来ますが、そのためには十分な資金と余裕のある想定変動幅の確保が必要です。



2016年10月末時点の保有ポジション

107.300
107.100
106.900
106.700
106.500
106.300
106.100
105.900
105.700
105.500
105.300
105.100


含み損も随分と減ってきました。

確定損にならなければ良いや、と思ってはいますが、少ない方に越したことはありません(笑

iサイクル注文やトラッキングトレード運用設定時のドル円相場は、

短期:103円~110円程度のレンジ相場
長期:101円~111円程度のレンジ相場

と予想します。


今現在不安定な相場が続いていますが、大丈夫です。

金のなる木はあります。

金の卵を産むガチョウもいます。

資金管理とリスク管理、ポジション管理が上手く出来れば、利益が上がる方法が見出せます。

トラッキングトレードはFXブロードネット
管理人も利用中のトラッキングトレード
今なら20,000円キャッシュバック!



iサイクル注文トラッキングトレードは1,000通貨単位から始められ、口座資金・対象資金は1/10で始めることができます。

連続予約注文は、100通貨単位から始めることができ、口座資金・対象資金は1/100から始めることができます。
(もちろん1,000通貨、5,000通貨での取引も可能です)

300万円も用意するのは大変!って人も、その1/10の30万円くらいからでも始めてみるのも良いかもしれません。

どれだけのリスクを賭けて、どれだけのリターンを得るかは人それぞれですので、そこはお気をつけください。


iサイクル注文やトラッキングトレード、連続予約注文などのリピート注文系システム(自動売買)トレードのメリットデメリットをまとめてみました。

iサイクル注文 トラッキングトレードの評判検証
iサイクル注文 トラッキングトレードのメリットデメリット

参考にしてみてください。

iサイクル注文トラッキングトレードはドル高円安トレンドでも相場に追従していきますし、調整時でのレンジ相場は得意なので必要金額と値幅を参考に始めてみるのも良い時期だと思います。

必要金額と値幅は、マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも参考・目安になります。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。



トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
2015年10月 1,620
2015年11月 880
2015年12月 1,660
2016年01月 440
2016年02月 -13,440
2016年03月 1,280
2016年04月 -12,940
2016年05月 60
2016年06月 -15,210
2016年07月 5,220
2016年08月 2,080
2016年09月 2,280
10/03(月) 60
10/04(火) 140
10/05(水) 140
10/06(木) 60
10/07(金) 180
10/10(月) 80
10/11(火) 60
10/12(水) 80
10/13(木) 120
10/14(金) 140
10/17(月) 60
10/18(火) 60
10/19(水) 0
10/20(木) 60
10/21(金) 60
10/24(月) 40
10/25(火) 40
10/26(水) 60
10/27(木) 100
10/28(金) 160
10/31(月) 80
当月合計 1,780
総  計 -18,730

iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット