iサイクル注文 トラッキングトレード検証ブログ-不景気-
24日は、13ポジションの指値決済、13ポジション逆指値決済により、-8,800pips、計880,000円の損益でした!

24日のまとめ、検証と感想

24日のドル円相場は、
東京市場では、122円02銭~04銭から120円24銭~25銭で推移。
欧米市場では、116円15銭~16銭まで大幅続落となり、大荒れの展開となりました。

米国NYダウ平均株価が、一時1,000ドルを超える安値をつけたこともあり、世界経済の減速懸念を受けた世界同時株安、6年半ぶりの安値を更新した原油安を背景に、リスク回避の円買い(円高)が加速しました。

一方ドルは、上記影響により米国の早期利上げ観測が後退。
結果、ドル売り(ドル安)が進みました。


本日25日のドル円は、118円台から119円台での推移でしょうか。

引き続き世界的な株安を背景に、円売り(円安)方向の頭は重いものの、割安感から株も円も買い戻される可能性もあります。


ドル円の1日で6円近い暴落や、ダウ平均の一時1,000ドルを超える下げなどは、リーマンショックを思い出させる値動きでした。
現状相場は崩壊しており、どういう値動きになるのか想像しにくい展開となっています。

各国の経済対策、要人発言、そしてなにより中国当局の対応により、株安はある程度の期間で安定するという見方もあるそうですが、中国経済の景気減速対する警戒感は依然高く、世界経済に与える影響がどの程度のものになるか予想がつきにくいです。


ドル円は、24日の1日で6円も円高方向に進みました。
管理人は、125.7円のポジションを持っていましたので、そこから考えると約9.6円、円高が進んだ計算になります。

iサイクル注文・トラッキングトレードとも700pips、7円までの円高には耐える設定になっていたのですが、10円近く円高が進んでしまうとは…。

120円は割らないだろう、02~04月ごろの円高値である118円は割らないだろうと思っていた時期がありました。

下記を見ていただければ分かりますが、急激な円高により、変動想定幅を超え、逆指値による決済が行われた結果、確定損益が続出。

-8,800pips、計880,000円の「損」となりました。

先週木曜日、金曜日と中国株価が続落していたにもかかわらず、この週末、中国当局がなにも対策を打ち出さなかったため、余計に投資家心理を冷えこまさせ、世界同時株安、パニック売りに繋がったという市場関係者もいます。

まったくの同感・同意見です。
まあ、今となっては負け犬の遠吠えですが…。


24日のポジション ⇒ 決済レート 取引損益

125.703 ⇒ 118.700 -70,000円
125.500 ⇒ 118.500 -70,000円
125.300 ⇒ 118.300 -70,000円
125.100 ⇒ 118.100 -70,000円
124.900 ⇒ 117.900 -70,000円
124.700 ⇒ 117.700 -70,000円
124.500 ⇒ 117.500 -70,000円
124.300 ⇒ 117.300 -70,000円
124.100 ⇒ 117.100 -70,000円
123.900 ⇒ 116.900 -70,000円
123.700 ⇒ 116.700 -70,000円
123.500 ⇒ 116.500 -70,000円
123.300 ⇒ 116.300 -70,000円
123.100
122.900
122.700
122.500
122.300
122.100
121.900
121.700 ⇒ 121.900 2,000円
121.700
121.500 ⇒ 121.700 2,000円
121.500
121.300 ⇒ 121.500 2,000円
121.300
121.100
120.900 ⇒ 121.100 2,000円
120.900 ⇒ 121.100 2,000円
120.900
120.700
120.500 ⇒ 120.700 2,000円
120.500
120.300 ⇒ 120.500 2,000円
120.300
120.100
119.900 ⇒ 120.100 2,000円
119.900 ⇒ 120.100 2,000円
119.900 ⇒ 120.100 2,000円
119.900
119.700
119.500
119.300
119.100
118.900
118.700
118.500 ⇒ 118.700 2,000円
118.400 ⇒ 118.900 5,000円
118.400 ⇒ 118.700 3,000円


あまりにも急激だったのか、システムが付いていけていなかったみたいですね。

116円台、117円台のポジションは新規では約定していません。
しかし、逆指値分のポジションはしっかりと約定しており、軒並み確定損決済となっています。

変動想定幅10円か~…。
変動想定幅10円か~↓↓↓(へこみまくり)


なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。


本日の重要経済指標

22:00 【米国】
06月 ケース・シラー米住宅価格指数
重要度 ☆

23:00 【米国】
07月 新築住宅販売件数
重要度 ☆☆

23:00 【米国】
08月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
重要度 ☆

23:00 【米国】
08月 リッチモンド連銀製造業指数
重要度 ☆




必要金額と値幅を参考にiサイクル注文トラッキングトレードを始められてみてはいかがでしょうか。

マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも、参考・目安になると思います。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。


↑管理人も利用中:最大10,000円キャッシュバック!



iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
08/03(月) 20
08/04(火) 20
08/05(水) 120
08/06(木) 20
08/07(金) 60
08/10(月) 40
08/11(火) 40
08/12(水) 20
08/13(木) 80
08/14(金) 40
08/17(月) 20
08/18(火) 20
08/19(水) 0
08/20(木) 60
08/21(金) 80
08/24(月) -8,800
08/25(火)
08/26(水)
08/27(木)
08/28(金)
08/31(月)
当月合計 -8,160
総  計 -160
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット