iサイクル注文 トラッキングトレード検証ブログ-1ポジション決済-
18日は、1ポジションの決済により、+20pips、計2,000円の利益でした!

18日のまとめ、検証と感想

18日のドル円相場は、
東京市場では、124円23銭~25銭から124円50銭~52銭で推移。
欧米市場では、124円18銭~20銭まで下落しましたが、124円44銭~46銭まで盛り返しました。

米国07月の住宅着工件数が予想を上回り、2007年10月以来の8年ぶりの高水準に達したことを好感。

早期利上げ観測が優勢となり、ドル買い(ドル高)が進みました。


本日19日のドル円も、124円台で推移でしょうか。

当局による大規模なてこ入れがあったにもかかわらず、昨日中国株は大幅下落(-6%強)。
このまま続くようだと、また大きな波乱がありそうです。

日本市場では特に材料が無く、大きく動く要素が見当たりません。

本日の米国07月の消費者物価指数、明日未明の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨までは方向性が定まらない展開が続きそうです。


米国経済は力強さを示す数値が並び(若干弱い数字もありますが)、労働市場は改善傾向が続いています。

イエレンFRB議長やアトランタ地区連銀のロックハート総裁も年内早期利上げを支持しています。
09月、もしくは12月の利上げは、ほぼ確実でしょう。

問題は09月が12月かで、経済指標に一喜一憂している状態ですが、日本もそうですが米国でもインフレ関連の数値は芳しくありません。

また現状では、ギリシャ債務問題が落ち着いたかと思えば中国経済の見通しは暗く、原油価格は上昇どころか、さらに下落しています。

………。
いかん、暗い話題が続きそうなのでこの辺で(笑)

経済好転、ドル高円安を望んでいます♪


昨日も書きましたが、日中夕方は特段値が動くような経済指標も無く、本日米国の「07月消費者物価指数」や「米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨」までは様子見ムードが続くと思われます。

今後も120円~126円程度のレンジ相場と予想します。
(iサイクル注文トラッキングトレードを行う場合は想定変動幅として見てください)


18日のポジション ⇒ 決済レート 取引損益

125.703
125.500
125.300
125.100
124.900
124.700
124.500
124.300 ⇒ 124.500 2,000円
124.300


なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。


本日の重要経済指標

08:50 【日本】
07月 貿易統計
重要度 ☆

21:30 【米国】
07月 消費者物価指数
重要度 ☆☆

27:00 【米国】
米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
重要度 ☆☆



必要金額と値幅を参考にiサイクル注文トラッキングトレードを始められてみてはいかがでしょうか。

マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも、参考・目安になると思います。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。


↑管理人も利用中:最大10,000円キャッシュバック!



iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
08/03(月) 20
08/04(火) 20
08/05(水) 120
08/06(木) 20
08/07(金) 60
08/10(月) 40
08/11(火) 40
08/12(水) 20
08/13(木) 80
08/14(金) 40
08/17(月) 20
08/18(火) 20
08/19(水)
08/20(木)
08/21(金)
08/24(月)
08/25(火)
08/26(水)
08/27(木)
08/28(金)
08/31(月)
当月合計 500
総  計 8,500
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット