iサイクル注文 トラッキングトレード検証ブログ-3ポジション決済-札束-

01日は、3ポジションの決済により+60pips、計6,000円の利益でした!
2015年12月はここまで、合計+60pips、計6,000円の利益です!


01日のまとめ検証、今日の予想

01日のドル円相場は、
東京市場では、123円27銭-29銭から122円63銭-65銭で推移。
欧米市場では、123円19銭から123円21銭まで上昇しました。
(その後米国11月ISM製造業景況指数悪化により下落)

東京時間では、中国11月の製造業景況指数が節目となる50を下回ったものの、そのことにより逆に中国の追加緩和への期待が強まり、日本株をはじめアジア株は全面高となり、つられる形で円安に進みました。

欧米時間では、こちらも米国11月のISM製造業景況指数が50を割り込み、年内の利上げ観測の後退によりドル売り(ドル安)が進みました。


本日02日のドル円は、123円前後での推移でしょうか。

米国の長期金利が低下したものの、米国株高もあり、リスク回避的な円買い(円高)の可能性は低いでしょう。

下値は底堅く、下げても122円台半ばで下げ渋る可能性が高いです。


FX(外国為替証拠金取引)の感想

本日11月のADP全米雇用報告が発表されます。
この数値は、4日に米労働省から発表される11月雇用統計を図る上での重要参考指標です。

市場予想では前月比+19万人(10月実績+18.2万人)となっています。
予想通りならば前月を上回ることになり、米国による12月利上げがより現実味を帯び、市場も完全に織り込むことになるでしょう。

しかし、昨日発表された11月の米ISM製造業景況指数が、市場予想の50.5はおろか、節目となる50を下回る48.6となり、2009年6月以来の水準まで低下したことにより、利上げは実施される見込みは変わらないものの、利上げのペースはさらに緩やかなものになるのでは、という声が聞かれています。


iサイクル注文手数料無料

iサイクル注文は外為オンライン



今日の重要経済指標

09:30 【オーストラリア】
07-09月期 四半期国内総生産(GDP)
重要度 ☆

19:00 【ユーロ】
10月 卸売物価指数(PPI)
重要度 ☆

19:00 【ユーロ】
11月 消費者物価指数(HICP)
重要度 ☆☆

22:15 【米国】
11月 ADP雇用統計
重要度 ☆☆

22:30 【米国】
イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
重要度 ☆☆

24:00 【カナダ】
カナダ銀行 政策金利
重要度 ☆☆

28:00 【米国】
米地区連銀経済報告(ベージュブック)
重要度 ☆


iサイクル注文やトラッキングトレード、連続予約注文などのリピート注文系システム(自動売買)トレードのメリットデメリットをまとめてみました。
iサイクル注文 トラッキングトレードの評判検証
iサイクル注文 トラッキングトレードのメリットデメリット
参考にしてみてください。

米国は次回12月15-16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合にて利上げの実施するのは、ほぼ確実と見られています。
iサイクル注文トラッキングトレードはドル高円安トレンドでも相場に追従していきますし、調整時でのレンジ相場は得意なので必要金額と値幅を参考に始めてみるのも良い時期だと思います。

必要金額と値幅は、マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも参考・目安になります。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。

iサイクル注文やトラッキングトレード運用設定時のドル円相場は、
短期:118円~124円程度のレンジ相場
長期:116円~126円程度のレンジ相場と予想します。

※iサイクル注文は外為オンラインの登録商標です。
※トラッキングトレードは外為オンラインからライセンス供与を受けたサービスです。

トラッキングトレードはFXブロードネット
手数料無料:10,000円キャッシュバック!



iサイクル注文トラッキングトレードは、テクニックやスキルも必要ない、FX初心者こそお勧めの自動売買リピート注文系システムトレードです。

寝ている時も、遊んでいる時も、仕事している時も、PCやスマホの電源を切っていても全部自動で売買してくれます。


01日のポジション ⇒ 決済レート 取引損益

123.700
123.500
123.300
123.100 ⇒ 123.300 2,000円
123.100
122.900 ⇒ 123.100 2,000円
122.700 ⇒ 122.900 2,000円


欧州中央銀行(ECB)政策金利発表、米国雇用統計、イングランド銀行(BOE)政策金利発表、米連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利発表、日銀金融政策決定会合とイベントを控え、大きく値動きする可能性が高いです。

変動想定幅と必要資金は余裕を持った設定にした方が、より安全です。

なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。


iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
2015年10月 1,620
2015年11月 880
12/01(火) 60
12/02(水)
12/03(木)
12/04(金)
12/07(月)
12/08(火)
12/09(水)
12/10(木)
12/11(金)
12/14(月)
12/15(火)
12/16(水)
12/17(木)
12/18(金)
12/21(月)
12/22(火)
12/23(水)
12/24(木)
12/25(金)
12/28(月)
12/29(火)
12/30(水)
当月合計 60
総  計 7,020

iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット