先週のまとめ

米国株安などからドル伸び悩む

先週のドル円は、米国09月の利上げ観測が台頭したものの伸び悩みました。

米国06月の中古住宅販売件数の増加、週次新規失業保険申請件数の減少といった好材料によるドル買い(ドル高)はあったものの、NYダウの4日連続の続落や06月の米新築住宅販売件数の減少などから、リスク回避的なドル売り(ドル安)が進みました。

特に週末は主に123円台後半で推移する展開となり、薄商いが続きました。

先週のドル円は、123円55銭~59銭から124円45銭~49銭までの推移でした。


今週の予想

米国利上げ開始は09月か12月か

今週のドル円は、米連邦公開市場委員会(FOMC)次第。

28~29日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれます。
イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は議会証言で年内利上げの見通しを表明しており、利上げへの期待感からドル買い(ドル高)トレンドは変わりそうにありません。

しかし、市場関係者の間では利上げ開始時期について、09月からか、それとも12月からかと意見が分かれています。

FOMC会合後の声明で09月利上げを読み取ることが出来れば125円を試す展開となりそうですが、12月、もしくは来年度に持ち越しなるとの見方が広がった場合は、ドル売り(ドル安)が進み、123円割れになる可能性もあります。

今週の予想レンジは、122円50銭~125円50銭とします。
(無責任今週の予想レンジは、123円~125円です)


今週の注目材料

29日 27:00 【米国】
米連邦公開市場委員会(FOMC会合)

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、先々週の07月15-16日に開かれた議会証言で、年内に利上げを行う見通しであると表明しました。

今回のFOMC会合で利上げが決定されることはないとみられていますが、09月の利上げを読み取れる声明内容となった場合はドル買い(ドル高)に進みそうです。


30日 21:30 【米国】
米国04-06月期国内総生産(GDP)速報値

市場予想は前期比年率+2.5%。

参考となる01-03月期国内総生産(GDP)確報値は、前期比年率+0.2%と上方修正されました。
04-06月期GDPが市場予想と一致、もしくは上回れば09月利上げの思惑が強まり、ドル高要因となるでしょう。


FX為替相場の感想

現在の保有ポジション
125.703
125.500
125.300
125.100
124.900
124.700
124.500
124.300
124.100
123.900
123.700


28-29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれますが、イエレンFRB議長の会見は無いため、そのまま何事も無く終わる可能性も高いです(華麗にスルーか)。

どちらかというと、翌日30日の04-06月期の米国内総生産(GDP、速報値)発表の方が、09月もしくは12月の利上げを図るものさしとなりそうです。

イングランド銀行(BOE、英中央銀行)による年内利上げの可能性(現在は弱指標で少し後退)、オーストラリア準備銀行(RBA、豪中央銀行)による08月利下げの可能性(現在は通貨安の進行で少し後退)、と動きがある中での、安定の日本円。

もはや相場が動くのは要人発言か、米国指標次第です。
もう少し日本の指標で動いてもよさそうですが、現状それが日本円の弱さを表しているのでしょう。

iサイクル注文・トラッキングトレードについては、今後も120円~126円程度のレンジ相場と予想します。



iサイクル注文 トラッキングトレードの必要金額と値幅を参考に始められてみてはいかがでしょうか。
マネーパートナーズの連続予約注文の場合、証拠金維持率100%(iサイクル注文 トラッキングトレードは20%)でロスカットになるので、当てはまりませんが、参考・目安にはなると思います。


過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
07/01(水) 100
07/02(木) 80
07/03(金) 60
07/06(月) 140
07/07(火) 20
07/08(水) 60
07/09(木) 220
07/10(金) 140
07/13(月) 100
07/14(火) 60
07/15(水) 60
07/16(木) 40
07/17(金) 20
07/20(月) 20
07/21(火) 0
07/22(水) 40
07/23(木) 40
07/24(金) 0
07/27(月)
07/28(火)
07/29(水)
07/30(木)
当月合計 1,200
総  計 7,720
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット