1位GMOクリック証券2位DMM.com証券
↑クリックで拡大
2015年上半期店頭FX取引高世界第1位はGMOクリック証券 フォレックス・マグネイト日本版

FX取引高世界1位=FX取引高日本1位=GMOクリック証券
FX取引高世界2位=FX取引高日本2位=DMM.com証券

2015年上半期FX取引高世界第1位はGMOクリック証券

DMM.com証券が世界1位!いや2位だ!
GMOクリック証券こそが2012年からずっと1位だ!

という話題を当ブログでも取り上げ、結構多くのアクセスを頂き嬉しく思っています(笑)

いまさらですが、ファイナンス・マグネイトが2015年上半期(01月-06月)の世界のFX取扱会社別FX取引高を集計、その結果を公表しましたので、これを機にまとめてみます。

その結果、取引高世界第1位となったのはGMOクリック証券(シェア21.9%)でした!

GMOクリック証券は、2012年年間世界第1位、2013年年間世界第1位、2014年年間世界第1位と3年連続世界第1位を獲得!
そして今回の2015年上半期世界第1位と、このまま2015年も年間FX取引高世界第1位を獲得しそうですね。

FX取引高世界第1位ということは、FX取引高日本第1位でもあります。
素晴らしいGMOクリック証券!

GMOクリック証券



世界第2位はDMM.com証券

そして惜しくもFX取引高世界第2位となったのはDMM.com証券(シェア21.4%)です。

その差0.5%!
逆転世界第1位もまだまだ狙えます!
(そういうCM期待しています(笑)

一時逆転して世界第1位でしたが(DMM.com証券:ファイナンス・マグネイト調べ:2014年12月~2015年02月)、また2位かいな!と2位に転落。
それをネタにCMにする根性は大好きです(笑)

2015年上半期FX取引高世界第2位ですが、ということは日本第2位であり、FX口座数は国内第1位だそうです。

巻き返しにDMM.com証券さんが、今後どういう動きをされるのか注目です♪

DMM.com証券



世界第5位日本第3位はYJFX!

2015年上半期FX取引高世界第5位であり、日本第3位はYJFX!(シェア8.8%)です。

前身のサーバーエージェントFXは2013年は世界第3位だったのですが…、シェアはほぼ変わっておらず取引高は増えているのに落ちたということは他の海外勢が頑張ったのでしょう。

YJFX!となったことによりツールの使いやすさとかも向上してますし、なによりYahoo!JAPANグループの一員としてメディア露出が格段に増えているので、今後も日本国内第3位の地位は安泰でしょう。

バイナリーオプションとかも取り扱っていますし、トレードコレクターやファイナンススタジアムとか企画面でも面白い会社だと思います。


2015年上半期FX取引高まとめ

まとめると、

  1. FX取引高世界第1位=FX取引高日本第1位=GMOクリック証券
  2. FX取引高世界第2位=FX取引高日本第2位=DMM.com証券
  3. FX取引高世界第5位=FX取引高日本第3位=YJFX!

となり、これにヒロセ通商、マネーパートナーズ、と続きます。
(外為オンラインは公表していないため不明ですが、ここらへんに入ってきます)


しかし、日本人はFX大好きなのですね。
日本の会社はほぼ日本国内にみの展開で世界第1位・2位とかになっていますから。
逆にグローバル展開している海外勢はどうしちゃっているのでしょう。

国内業者のシェア合計は68.8%に及んでいますし、日本人はたんす預金や普通預金が好きで、投資とかは苦手(意識がある)と思っていましたが、認識を改める必要があるみたいです。

みなさん利益出て(儲かって)いますか?

iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット