トラッキングトレードロゴ

FXトレーディングシステムズは低コストで取引できる会社といわれています。
実際はどうなのでしょう?

トラッキングトレードの手数料は無料or半額

FXトレーディングシステムズは、米ドル円スプレッド0.3円原則固定
これは米ドル円10,000通貨取引時の売買コストは30円ということになります。
(これは業界最低クラスです)

またFXブロードネットコース(10,000通貨単位)・ブロードライトコース(1,000通貨単位)、どちらのコースでも売買手数料は無料です。
(まあ、売買手数料は無料ではない方が珍しいですが)

そしてFXトレーディングシステムズといえばトラッキングトレード

通常システムトレードは手数料を取るのが普通ですが、トラッキングトレードは今現在新規口座開設者は無料キャンペーン中既存利用者は半額キャンペーン中です。

手数料変更についてはトラッキングトレード手数料変更にてまとめましたのでご覧ください。


トラッキングトレードはレンジ相場が得意

トラッキングトレード…知っています?
トラッキングトレードとは、遊んでいるときも、仕事している時も、寝ている時でさえも、一度設定して発注すると、あとは自動で注文を繰り返し発注するシステムトレードなので、ちょっとした時間にスマホやパソコンで確認するだけの便利な注文方法です。

設定した想定変動幅(レンジ内)で等間隔に、IFDONE+OCO(イフダンオーシーオー)注文(新規注文と利益確定注文・損切り注文を同時に発注できる注文方法)を仕掛けて、ルールに基づいて自動的に注文を繰り返します。


トラッキングトレードイメージ図(クリックで拡大)
トラッキングトレード-トレンド相場追尾-
↑FXトレーディングシステムズHPより


為替相場はレンジ相場が7割以上といわれています。

上記の図のように、設定した想定変動幅(レンジ内)で新規注文(買い)と決済注文(売り)を繰り返し、コツコツと利益を積み上げてくれます。


トラッキングトレードは追従機能もあり

為替相場はレンジ相場が7割以上というからには、いつかは残りの3割、つまりはレンジブレイクして上下どちらかに抜けて行き、またそこで新しいレンジ相場を形成します。

それが寝ている時や仕事中だったら…。
でもトレッキングトレードなら大丈夫です!

トラッキングトレード最大の特徴は、注文を仕掛けるレンジ(想定変動幅)が為替相場の値動きに合わせて自動追尾してくれること。

レンジ相場をブレイクアウトしても、トラッキングトレードが値動きに合わせて注文を仕掛けるレンジも変更するので、いつ相場が急変しても自動で対応してくれます。

トラッキングトレードはFXブロードネット
↑管理人も利用中:最大10,000円キャッシュバック!



トラッキングトレードのリスク管理

トラッキングトレードは人がパソコンやスマホをずっと見ていなければならないことを、人に代わって自動で行ってくれます。

また人ではなかなか難しい損切りも自動でやってくれます。
コツコツ稼いだお金もドカンと損してしまう可能性もあります。

下落時(損益拡大中)⇒もう少ししたら上昇するかも…⇒大暴落(損益さらに拡大)

でもトラッキングトレードでは、含み損が大きくなったポジション(想定変動幅を超えたポジション)は損切りしながら、為替相場に自動追従して取引を繰り返していきます。

※注:
管理人のように損切りしたくないなら
1.想定変動幅を大きく取る
10円くらいが理想
せめて7-8円は取る

2.利益確定幅を狭くする
10pipsや15pipsではなく20pipsや25pips等に

3.対象資産(資金)を多くする
効果的に耐えられる幅が広くなります


トラッキングトレードの設定

トラッキングトレードの使い方・設定については別ページでまとめましたので、トラッキングトレードの設定方法とQ&Aを参考にしてみてください。

また管理人の設定内容についてはiサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。

トラッキングトレードのようなリピート注文系システムトレード(自動売買)は、自身の資金に合わせて想定変動幅(レンジ幅)や利益確定幅を決められるのがポイントでありメリットです。

トラッキングトレードに得意のレンジ相場の展開が予想されますので、必要金額と値幅を参考に始めてみるのも良い時期だと思います。

トラッキングトレード設定時のドル円相場(想定変動幅)は116円~124円程度のレンジ相場と予想します。

iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット