iサイクル注文 トラッキングトレード検証ブログ-アメリカビジネスイメージ-
2015年10月第五週は、420pips、計42,000円の利益でした!
2015年10月は合計1,620pips、計162,000円の利益です!

レンジ相場上限の121円50銭をなかなか抜けませんね。
123円台のポジションの救済はいつになるのやら…。

先週のまとめ

強いドル、弱い円

先週開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)会合では金融政策の現状維持が決まりました。

ドル円は一時120円06銭-08銭まで下落しましたが、その後公表されたFOMC声明にて「利上げが適切かどうかの決定に関し次回の会合で判断する」と、12月の利上げを検討するとの表現が加わったことにより、年内利上げ観測が再浮上。
ドル買い(ドル高)が進み、一時121円台まで上昇しました。

しかし、30日に開かれた日銀金融政策決定会合にて金融政策の現状維持を決めたこと。
その後の黒田日銀総裁による記者会見などで早期追加緩和への期待が後退したことにより円売り(円安)が後退。
ドル円は120円台後半に押し戻されました。

先週のドル円の推移は、120円06銭-08銭から121円55銭-57銭でした。


今週の予想

米国12月利上げに向けてドル高も

日本では日銀による早期追加緩和観測は弱まったものの消えてはおらず、次回12月会合での追加緩和の可能性も残されています。

米国では今回の連邦公開市場委員会(FOMC)会合にて利上げを見送りましたが、次回12月のFOMC会合で利上げの是非を判断すると明記され、年内利上げ観測が強まっており、ドル買い(ドル高)が本格化しそうです。

今週11月06日の米国10月雇用統計の内容次第ではレンジ突破!
年末に向けて再び125円台を目指す相場展開になる可能性もあります。

今週の予想レンジは、119円50銭から123円50銭までとみます。


今週の注目材料

11月02日 24:00 【米国】
10月 ISM製造業景況指数
11月04日 24:00 【米国】
10月 ISM非製造業景況指数

02日発表のISM製造業景況指数は市場予想49.7(前回50.2)、4日発表のISM非製造業景況指数は市場予想56.5(前回56.9)と、いずれも悪化が見込まれています。
米国経済の減速懸念はくすぶっており、為替相場にも強い影響を与えそうです。


11月06日 22:30 【米国】
米国10月雇用統計

10月の非農業部門雇用者数の市場予想は+17.9万人。
09月の非農業部門雇用者数は+14.2万人と、目安とされる20万人を大きく下回りました。
しかし、09月分は上方修正されるとの予想もあり、注目されます。
10月分も目安とされる20万人を下回る予想ですが、予想を上回るようだと、年内利上げへの理由が付くというものです。


FX(外国為替証拠金取引)の感想

27日-28日に行われた米連邦公開市場委員会(FOMC)会合では予想通り利上げは先送りになりました。
しかし次回12月15日-16日のFOMC会合で利上げの是非を判断するとの文章が加わりました。
これにより年内利上げ観測、というか想定外のことが起きない限り、米連邦準備制度理事会(FRB)は次回のFOMC会合で利上げを決定する可能性が高いとの意見が大半です。

欧州:追加緩和
中国:追加緩和
日本:追加緩和
という金融政策の中で米国の強さが目立ちます。

118円から121円50銭のレンジ相場突破、はもとより123円台も見えてきました!

にしても30日開催の日本銀行金融政策決定会合での金融政策の現状維持は予想通りで仕方ないとしても、その後の黒田東彦日銀総裁による定例記者会見はもう少し言い方があったのではないかと…。

リップサービスとは言わないまでも、いつも通りの追加緩和をも期待させないような会見内容では追加緩和の希望が持ち難いなと。

「噂で買って事実で売る」
もう少し噂(期待)を感じさせて欲しいです。


iサイクル注文やトラッキングトレード設定時のドル円相場は116円~124円程度のレンジ相場と予想します。
(iサイクル注文トラッキングトレードを利用する場合は想定変動幅として見てください)

ドル高円安方向への展開が予想されますが、iサイクル注文やトラッキングトレードは遊んでいる最中や寝ている最中でも自動で売買取引しているので、資金管理と設定さえしっかりしておけば、あとは見ているだけ、もしくは結果を確認するだけとなります(笑)


iサイクル注文は外為オンライン口座開設申込 トラッキングトレードはFXブロードネット

↑管理人も利用中:最大10,000円キャッシュバック!



現在の保有ポジション

123.100
122.900
122.700
122.500
122.300
122.100
121.900
121.700
121.500
121.300
121.100
120.900
120.700


レンジ相場の上限121円50銭をなかなか抜けないですね。
12月に米国は利上げする、と言ったに等しいFOMC声明だったのですが…。
これがレンジ相場というのでしょうか。

10月は合計で+1,620pips、計162,000円の利益です。
トラッキングトレードを開始してからのトータル利益金額が60万円を超えました。
08月24日(08/24の実績検証)のブラックマンデー大暴落時には落ち込みましたが、徐々に盛り返しています♪

情勢は厳しいですが、早く123円台を回復して欲しいですね。
123円台になったら、現在700pipsまでの想定変動幅の変更、つまりはまた中止取消後に再稼動して見直すことにします。

昨年12月の115.5円、今年1月の115.8円、そして今年8月24日の116.2円。
ここが底値と読み115円までは耐えれる設定にしたいと思います。

なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。


必要金額と値幅を参考にiサイクル注文トラッキングトレードを始められてみてはいかがでしょうか。

マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも、参考・目安になると思います。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。


iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
10/01(木) 80
10/02(金) 220
10/05(月) 60
10/06(火) 20
10/07(水) 40
10/08(木) 40
10/09(金) 60
10/12(月) 0
10/13(火) 0
10/14(水) 60
10/15(木) 100
10/16(金) 140
10/19(月) 60
10/20(火) 80
10/21(水) 0
10/22(木) 60
10/23(金) 180
10/26(月) 40
10/27(火) 20
10/28(水) 20
10/29(木) 180
10/30(金) 160
当月合計 1,620
総  計 6,080
iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット