iサイクル注文 トラッキングトレード検証ブログ-1ポジション決済-札束-

29日は、1ポジションの決済により+20pips、計2,000円の利益でした!
2015年12月はここまで、合計+1,640pips、計164,000円の利益です!

29日のまとめ検証、今日の予想

29日のドル円相場は、
東京市場では、120円24銭-25銭から120円40銭-41銭で推移。
欧米市場では、一時120円50銭-51銭まで上昇しました。

原油価格が上昇したこと、米国12月の消費者信頼感指数が市場予想を上回ったことからドル買い円売り(ドル高円安)が進みました。


本日29日のドル円は、120円台での推移でしょうか。

日欧米主要各国の株価が上昇しており、ドルが120円を割る可能性は低いでしょう。

しかし、特別121円を超える材料もなく可能性も低いでしょう。


FX(外国為替証拠金取引)の感想

29日の米国株式市場、ニューヨークダウ平均は192.71ドル高となりました。

日本を始めとしたアジア株、欧州各国の株価も全面高となり上昇しました。

原油価格も上昇、米国12月の消費者信頼感指数も予想を上回り、ダウ平均は一時は220ドルを超す上昇でした。

まあこういう景気の良い話は気分も良くなりますね♪

その割にはドルはあまり上昇しませんでしたが…。

ちなみに本日は東京株式市場の大納会です。
(大発会は1月4日)

例年株高で終わることが多く、今年も期待しています。


有力経済指標では、米国10月のケース・シラー住宅価格指数はほぼ予想通り。

米国12月の消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)は、市場予想93.8、結果96.5。
11月も90.4から92.6へと上方修正されました。

さらには、日本を始めとしたアジア株、欧州各国の株価も全面高。

もちろん米国株価も株高で債券安(利回り上昇)、原油高もつけての、これでもかっていうくらいのリスクオン(リスクをとってでもリターンを得る)地合いだったにもかかわらず、ドル円上昇は限定的(涙)。

どうやったらドル円上昇するのですかね…。


本日もドル円は120円台での値動きと予想します。
上がるにも下がるにも材料がありません。

日本も米国も休暇に入っていますからね、買う人も売る人もそういない状態です。

ただ市場が開いているだけの、方向感に欠ける薄商い状態でしょう。


iサイクル注文手数料無料

iサイクル注文は外為オンライン



今日の重要経済指標

24:00 【米国】
11月 住宅販売保留指数
重要度 ☆


iサイクル注文やトラッキングトレード、連続予約注文などのリピート注文系システム(自動売買)トレードのメリットデメリットをまとめてみました。
iサイクル注文 トラッキングトレードの評判検証
iサイクル注文 トラッキングトレードのメリットデメリット
参考にしてみてください。

米国は12月15-16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合にて利上げを決定しました。

また、利上げ発表後に公表された2016年の金利見通しは、1.375%と据え置き。
これは、0.25%の利上げが計4回実施されることを示しています。

iサイクル注文トラッキングトレードはドル高円安トレンドでも相場に追従していきますし、調整時でのレンジ相場は得意なので必要金額と値幅を参考に始めてみるのも良い時期だと思います。

必要金額と値幅は、マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも参考・目安になります。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。

iサイクル注文やトラッキングトレード運用設定時のドル円相場は、
短期:118円~124円程度のレンジ相場
長期:116円~126円程度のレンジ相場と予想します。

※iサイクル注文は外為オンラインの登録商標です。
※トラッキングトレードは外為オンラインからライセンス供与を受けたサービスです。

トラッキングトレードはFXブロードネット
手数料無料:10,000円キャッシュバック!



iサイクル注文トラッキングトレードは、テクニックやスキルも必要ない、FX初心者こそお勧めの自動売買リピート注文系システムトレードです。

寝ている時も、遊んでいる時も、仕事している時も、PCやスマホの電源を切っていても全部自動で売買してくれます。


29日のポジション ⇒ 決済レート 取引損益

123.700
123.500
123.300
123.100
122.900
122.700
122.500
122.300
122.100
121.700
121.500
121.300
121.100
120.900
120.700
120.500
120.300 ⇒ 120.500 2,000円


新規ポジション1つ、決済ポジション1つ。

取引判断材料が乏しく、値動きは限定されそうです。

市場関係者の多くも年末年始の休暇に入っていることから、年末にかけて薄商いが予想されます。

ただそのため、ちょっとしたことでも値動きが大きくなる可能性はあることには注意が必要です。

変動想定幅と必要資金は余裕を持った設定にした方が、より安全です。

なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。


iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
2015年10月 1,620
2015年11月 880
12/01(火) 60
12/02(水) 40
12/03(木) 100
12/04(金) 160
12/07(月) 20
12/08(火) 0
12/09(水) 20
12/10(木) 140
12/11(金) 140
12/14(月) 100
12/15(火) 120
12/16(水) 80
12/17(木) 220
12/18(金) 260
12/21(月) 60
12/22(火) 40
12/23(水) 20
12/24(木) 0
12/25(金) 0
12/28(月) 40
12/29(火) 20
12/30(水)
当月合計 1,640
総  計 8,600

iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット