トラッキングトレードはFXブロードネット
今なら20,000円キャッシュバック!
トラッキングトレードは管理人も利用中



2017年04月第2週は-6,180pips、計618,000円の損益でした!

2017年04月は合計-5,580pips、計558,000円の損益です!

先々週はリスク回避の円高進む1週間と書きましたが、まだ想定変動幅内で余裕がありました。

先週は想定変動幅を超えるドル安円高となり、とうとう損切りが発生し、確定損が出る始末…。

リスク回避全開の今“売り”ポジションでのiサイクル注文トラッキングトレードを始めるチャンス!

先週のまとめ

地政学リスク上昇によるリスク回避の円買い

先週のドル円相場は大幅下落

先々週から続く地政学的リスクがさらに上昇した結果、ドル売り円買い(ドル安円高)が進み、ドル円は1ドル=108円54銭-55銭まで下落しました。

シリア内戦(戦争)は解決の行方が見えていません。

また、北朝鮮問題では今週から来週にかけて国家的イベントが続くなかでミサイル発射実験や核実験を行う可能性も高く、米国も朝鮮半島周近海に空母を派遣したことから、さらに緊張感が高まっており、リスク回避の円買い(円高)が進みました。

米国利上げ見通し年3回は変わらず

それでも米国の利上げペースは変わらない(年3回で残り年2回)との見方は変わっていないこと。

6-7日に開催された米中首脳会談が無難な結果に終わり、通商摩擦問題は一応回避される見通しとなったことから、ドル買い円売り(ドル高円安)が一時進みました。

(米中首脳会談では形の上だけでも蜜月関係をアピールしています)

トランプ大統領ドル高牽制発言

しかし米国トランプ大統領がウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューにて

「低金利政策を好む」
「ドルが経済への痛手になるほど強くなり過ぎている」

との認識を語ったことから、ドルは急落。

リスク回避的な円買い(円高)も重なり、ドル売り円買い(ドル安円高)が大きく進みました。

14日の欧米市場では、キリスト教における聖金曜日(グッド・フライデー、Good Friday)により、国の多くで祝日となり休場であったため、ドルの上値は重いまま週末を迎え、結局108円63銭-64銭でこの週の取引を終えました。

ドル円の推移

先週のドル円推移は、108円54銭-55銭から111円57銭-58銭です。

ちなみに先々週のは、110円12銭-13銭から111円58銭-59銭です。

さらにその前の週は、110円10銭-11銭から112円19銭-20銭です。

参考までにその前は、110円62銭-63銭から112円89線-90銭です。

ひとつおまけに前週、112円56銭-57銭から115円19銭-20銭です。

もうひとつおまけで、113円55銭-56銭から115円50銭-51銭です。


今週の予想

ドル円上昇は期待薄

今週のドル円も上値の重い展開が予想されます。

トランプ大統領ドル高牽制発言は重く

上記通り米国トランプ大統領が「ドルは強すぎる」と発言したことは重く、今週のドル円相場も上値の重い展開が予想されます。

トランプ大統領はドル高を容認しない、米国連邦準備理事会(FRB)による利上げを歓迎しない、との見方する市場関係者も多く、米国は利上げ、日本は金融緩和継続による日米金利差拡大を意識した為替予想に狂いが生じるケースも想定されます。

地政学リスクは継続

また引き続きシリア内戦(戦争)や北朝鮮問題での地政学リスクは意識されやすい展開が予想されます。

特に北朝鮮問題では、

4月15日:太陽節=金日成誕生日 

4月25日:建軍節=朝鮮人民軍創設記念日

とイベントが続くことから、北朝鮮がミサイル発射実験や核実験を強行する可能性も高く、再三警告しているトランプ大統領が、シリアへのミサイル発射と同じく、武力攻撃に打って出る可能性も十分予想されます。

日米経済対話

日米関係では、18日からに東京にて麻生太郎副総理兼財務大臣、ペンス米国副大統領が出席し、日米経済対話が開かれます。

米国側からの貿易不均衡の是正を強く求められる可能性が高く、当然ドル円為替に関する議論も含まれると見られています。

トランプ大統領は中国をはじめとする対米貿易黒字国による通貨安誘導を強く批判しており、日本銀行による金融緩和策は為替相場を目的としていない(日銀黒田総裁)としていますが、米国側がどのような判断を下すのかに注目が集まります。


iサイクル注文手数料無料

iサイクル注文は外為オンライン


今週のレンジ予想

今週の予想レンジは、108円00銭から111円00銭までとみます。

ちなみに先週は、109円00銭から112円00銭という予想でした。


FX(外国為替証拠金取引)の感想

iサイクル注文トラッキングトレード-泣く涙

管理人が何をしたっていうのだー!



本当、泣きたい。

昨年末からのトランプノミクス(トランプ米国大統領による大型減税・大規模インフラ投資などの経済政策)期待による株高・ドル高。

オバマケア代替法案の取り下げ。

税制改革(大型減税)実施の延期。

そしてトランプ大統領の「ドルは強すぎる」発言。

完全にトランプ大統領に振り回されるトランプ相場ですね。


やはり8円の想定反動幅では狭く小さいですね。

想定変動幅は広く大きく取りましょう♪

管理人との約束です♪

利益より損益を出さなことの方が、よっぽど重要です(涙

…は~~(ため息


iサイクル注文トラッキングトレード運用設定時のドル円相場は、

短期:108円~115円程度のレンジ相場
長期:107円~117円程度のレンジ相場

と予想します。

(iサイクル注文トラッキングトレードを利用する場合は想定変動幅として見てください)

iサイクル注文トラッキングトレードは遊んでいる最中や寝ている最中でも自動で売買取引しているので、資金管理と設定さえしっかりしておけば、あとは見ているだけ、もしくは結果を確認するだけとなります(笑)

iサイクル注文は外為オンラインの登録商標です。
トラッキングトレードは外為オンラインからライセンス供与を受けたサービスです。

トラッキングトレードはFXブロードネット
今なら20,000円キャッシュバック!
トラッキングトレードは管理人も利用中


現在の保有ポジション

118.500
118.300
118.100
117.900
117.700
117.500
117.300
117.100
116.900
116.700
116.500
116.300
116.100
115.900
115.700
115.500
115.300
115.100
114.900
114.700
114.500
114.300
114.100
113.900
113.700
113.500
113.300
113.100
112.900
112.700
112.500
112.300
112.100
111.900
111.700
111.500
111.300
111.100
110.900
110.700
110.500
110.300
110.100
109.900
109.700
109.500
109.300
109.100
108.900
108.700

お金は儲けることよりも、失わないようにすることの方が重要です。


なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。

必要金額と値幅を参考にiサイクル注文トラッキングトレードを始められてみてはいかがでしょうか。


iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
2015年10月 1,620
2015年11月 880
2015年12月 1,660
2016年01月 440
2016年02月 -13,440
2016年03月 1,280
2016年04月 -12,940
2016年05月 60
2016年06月 -15,210
2016年07月 5,220
2016年08月 2,080
2016年09月 2,280
2016年10月 1,780
2016年11月 5,700
2016年12月 5,520
2017年01月 4,740
2017年02月 2,460
2017年03月 420
04/03(月) 40
04/04(火) 60
04/05(水) 100
04/06(木) 120
04/07(金) 280
04/10(月) 40
04/11(火) -2,360
04/12(水) -740
04/13(木) -2,320
04/14(金) -800
04/17(月)
04/18(火)
04/19(水)
04/20(木)
04/21(金)
04/24(月)
04/25(火)
04/26(水)
04/27(木)
04/28(金)
当月合計 -5,580
総  計 -7,770

iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット