トラッキングトレードはFXブロードネット
今なら20,000円キャッシュバック!
トラッキングトレードは管理人も利用中



iサイクル注文トラッキングトレードを始めるなら今はチャンス!

2017年02月第4週は260pips、計26,000円の利益でした!

2017年02月は合計2,320pips、計232,000円の利益です!

通常月の稼ぎ(利益)に戻ってしまいました。

いや、これくらいの稼ぎ(利益)が普通なのですが、今までが今までだったので、少し寂しい気持ちが…。

(FXではお金を稼ぐことよりも失わないことの方が、よほど重要です)

先週のまとめ

トランプ政権の大型減税への期待弱まる

先週のドル円相場は軟調推移の展開でした。

米国の03月利上げへの期待は大幅に後退し、米国長期金利も低下しました。

日米金利差縮小から、一時1ドル=112円を割る展開となりました。

月内にもと言われていたトランプ政権による「驚異的な税制改革案(大型減税案)」も公表が遅れるのではないか、との見方が広がり、リスクオン的なドル買い(ドル買い)は後退していきました。

またトランプ政権が導入を目指している、いわゆる国境税についても、ニューヨーク地区連銀が「米国の輸出と輸入の双方が阻害される可能性がある」との見解が示したことも、ドル売り要因となりました。

米国財務長官の金利高牽制発言

米国ムニューチン財務長官による

「ドル高にはいくらか問題がある」

「トランプ政権による景気刺激策の効果がでるのは2018年に入ってから」

との発言により、トランプ政権はドル高を容認しないとの姿勢が、改めて示された格好であり、ドル高への警戒感が広がりました。

これにより米国連邦準備理事会(FRB)も追加利上げ実施を躊躇(ためら)うのではないか、との声も聞かれ始めています。

(いくらFRBが独立性中立性の機関と言っても、実際に利上げを決定するのは人間ですからね)

24日のニューヨーク市場ではドルは112円を割るドル安円高となったものの、米国株価の上昇により112円台を回復。

結局112円14銭-15銭でこの週の取引を終えました。

ドル円の推移

先週のドル円推移は、111円93銭-94銭から113円77銭-78銭です。

ちなみに先々週のは、112円61銭-62銭から114円95銭-96銭です。

さらにその前の週は、111円59銭-60銭から113円85銭-86銭です。

参考までにその前は、112円05銭-06銭から115円15銭-16銭です。

ひとつおまけに前週、112円52銭-53銭から115円37銭-38銭です。

もうひとつおまけで、112円56銭-57銭から115円61銭-62銭です。


徐々に上値も重くなってきました。

レンジ幅も狭くなってきましたね。

しかし昔に比べスワップポイントが高いので、少しは耐えられるかな(笑

今週も112円くらいから115円くらいまでの狭い範囲でのレンジ相場が続きそうです。

(1ブログ1管理人の勝手な予想)


今週の予想

ドル安材料多くドル高材料は少ない

今週のドル円は、ドル安が材料多くドル高材料は少ないことから、弱含みな展開が予想されます。

今週の目玉は28日に行われる、トランプ大統領による就任後初の議会演説です。

その場で話す予定だった(と見られていた)大型減税を含む税制改革案の公表は遅れています。

またトランプ政権によるトランプノミクス(トランプ米国大統領による大型減税・大規模インフラ投資などの経済政策)への市場の期待が大きかったため、その期待に答えられるかどうかに注目が集まります。

トランプノミクス

トランプ大統領は大統領選挙期間中、

  • 3%超の経済成長率
  • インフラ整備への5500億ドルの投資
  • 所得税率の引下げ
  • 連邦法人税率の35%から15%への引下げ

と、大規模な財政支出、大型減税を訴えています。

これにより財政赤字は増加し、金利の上昇を招くことになります。

(これが管理人が今後のドル高円安予想をする根拠)

その為、財政支出や減税は現実的な規模(数値)になるのではないかとの声も多いです。

税制改革案公表の遅れにより、市場の期待値もやや低下してきており、市場の期待に沿えない内容だった場合、株安ドル安(結果円高)方向に進む可能性が高いです。

また、トランプ政権による経済政策が、市場の期待に沿った内容だった場合でも、ドル買い(ドル高)材料出尽く感によるドル売り(ドル安)となる可能性もあります。

FOMC前の高官発言に注目

03月14-15日での米国連邦公開市場委員会(FOMC)開催を控えて、イエレン米国連邦準備理事会(FRB)議長、フィッシャーFRB副議長による講演が予定されています。

イエレンFRB議長は経済見通しについて話す予定となっており、またフィッシャーFRB副議長も金融政策に関して話す予定です。

イエレンFRB議長、フィッシャーFRB副議長、どちらもタカ派的な発言となればドル高となり得ますが、どちらもハト派的な発言となった場合には、大きくドル安に進む可能性があり、心理的な節目である110円に迫る展開も予想されます。


iサイクル注文手数料無料

iサイクル注文は外為オンライン


今週のレンジ予想

今週の予想レンジは、110円00銭から114円50銭までとみます。

ちなみに先週は、111円00銭から115円50銭という予想でした。

今週の注目材料

トランプ米国大統領による議会演説

02月28日 未 定 【米国】

02月28日、トランプ大統領就任後初となる議会演説が予定されています。

大型減税やインフラ設備投資、金融関連の規制緩和、雇用創出…。

今まで抽象的だった景気経済の刺激策について、具体的な内容への言及が期待されています。

市場の関心や期待も高く、期待を下回る内容だった場合は、株安ドル安(結果円高)となる可能性が高いです。


FX(外国為替証拠金取引)の感想

昨日は導入決定後初となるプレミアムフライデーだった訳ですが…。

個人消費、小売業や観光業、サービス業の業績にどのような影響を与えたのでしょうかね。

飲み屋街では金曜日が週一番の稼ぎ時なのに、飲み屋さんに行かずに、早く家帰られては商売にならない、との声も聞かれていました。

プレミアムフライデー=給料後の金曜日

ですからね、月一番の稼ぎ時だったことでしょう。

管理人は普通に残業までして働いていました

月末ですからね、当然でしょう…。

(そもそも、どれくらいの%の人たちが実際に実施したのでしょう?)


さて、うーん…、先週のトランプ政権の政治的な先行き不透明感によるリスク回避の円高進行に加わり、頼みの綱の景気経済刺激策への(期待を下回るかもという)警戒感から、ドルも売られ(ドル安)始めています。

トランプ政権の税制改革案、景気経済政策案が、はっきりしないことには、FRBも利上げを躊躇うというものでしょう。

トランプ大統領がドル安(結果円高)を目指すも、行っている政策はドル高(結果円安)になるので、長期的にはやはりドル高円安になろうかと思うのですが、今週の見通しは厳しそうです。

(1ブログ1管理人の勝手な予想)

問題は短期的にリスク回避の円高がどこまで進むかでしょうか。

(それが分かれば良いのですが…)


一方、欧州ではフランスでの政治的リスク。

すなわちフランス大統領選挙での極右政党国民戦線のルペン党首の支持率が首位に躍り出たという報道からの政治的リスクは、中道左派系候補者同士での政治的取引により収まりつつあります。

しかし今度はギリシャで債務問題が再燃し、揉めています。

こちらは”またまた”という表現が最適なので、そこまでリスクと見られていないようですが、デフォルト(債務不履行)不回避が現実になると、当然リスク回避の円高は大きく進むでしょう。

今週の見通しは…ちと怖いですね。



iサイクル注文トラッキングトレード運用設定時のドル円相場は、

短期:110円~116円程度のレンジ相場
長期:108円~118円程度のレンジ相場

と予想します。

(iサイクル注文トラッキングトレードを利用する場合は想定変動幅として見てください)

iサイクル注文トラッキングトレードは遊んでいる最中や寝ている最中でも自動で売買取引しているので、資金管理と設定さえしっかりしておけば、あとは見ているだけ、もしくは結果を確認するだけとなります(笑)

iサイクル注文は外為オンラインの登録商標です。
トラッキングトレードは外為オンラインからライセンス供与を受けたサービスです。

トラッキングトレードはFXブロードネット
今なら20,000円キャッシュバック!
トラッキングトレードは管理人も利用中


現在の保有ポジション

118.500
118.300
118.100
117.900
117.700
117.500
117.300
117.100
116.900
116.700
116.500
116.300
116.100
115.900
115.700
115.500
115.300
115.100
114.900
114.700
114.500
114.300
114.100
113.900
113.700
113.500
113.300
113.100
112.900
112.700
112.500
112.300
112.100

ポジション数が増えてきた=含み損が増えてきた。

確かに確定損ではないので、一時的な現象でしょうけど、気分的には良いわけがない。

トランプ大統領、踏ん張りどころですよ!

お金は儲けることよりも、失わないようにすることの方が重要です。


なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。

必要金額と値幅を参考にiサイクル注文トラッキングトレードを始められてみてはいかがでしょうか。


iサイクル注文トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
2015年10月 1,620
2015年11月 880
2015年12月 1,660
2016年01月 440
2016年02月 -13,440
2016年03月 1,280
2016年04月 -12,940
2016年05月 60
2016年06月 -15,210
2016年07月 5,220
2016年08月 2,080
2016年09月 2,280
2016年10月 1,780
2016年11月 5,700
2016年12月 5,520
2017年02月 4,740
02/01(水) 320
02/02(木) 260
02/03(金) 220
02/06(月) 80
02/07(火) 120
02/08(水) 120
02/09(木) 180
02/10(金) 240
02/13(月) 120
02/14(火) 40
02/15(水) 200
02/16(木) 80
02/17(金) 80
02/20(月) 20
02/21(火) 80
02/22(水) 20
02/23(木) 80
02/24(金) 60
02/27(月)
02/28(火)
当月合計 2,320
総  計 -2,750

iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット