トラッキングトレードはFXブロードネット

2016年06月第三週は-6,380pips、計638,000円の損益でした!
2016年06月は合計-5,540pips、計554,000円の損益です!

ブレキジット(Brexit、英国のEU離脱)が現実味を帯びてきた!?

売りポジションの方、おめでとうございます!正解です!利益大ですね♪

買いポジションの方…。

このブログは管理人を反面教師にしてトレードの参考にして頂くブログです(涙

先週のまとめ

ブレキジット(Brexit、英国のEU離脱)懸念でリスク回避の円高に

先週のドル円は大幅下落の展開となりました。

英国が欧州連合(EU)から離脱するかどうかを問う国民投票は23日に行われますが、各種世論調査の結果では僅差であるものの離脱支持が残留支持を上回っており、リスク回避からの円買いが進みました。

英国がEUから離脱した場合、英国経済に与えるダメージは想像しがたく(大ダメージを被るかもしれないし案外たいしたことは無いかもしれない)、不透明感・不安感から英国ポンドに対する円買いも進みました。

また、英国がEUから離脱となればEUの存続自体に対する見方も(懐疑的へと)変わってくる可能性があることから、ユーロに対する円買いも進みました。

先週行われた米国連邦公開市場委員会(FOMC)会合や、日本銀行金融政策決定会合では、市場予想通り金融政策の現状維持が賛成多数で決まったこともドル売り円買い(ドル安円高)が進み原因となりました。

ドル円は日銀会合後、第二次黒田バズーカ以前の103円54銭-55銭までドル安円高が進みました。

結局ドルは104円13銭-14銭でこの週の取引を終えました。


先週のドル円推移は、103円54銭-55銭から106円97銭-98銭です。

ちなみに先々週のは、106円25銭-26銭から107円89銭-90銭です。
さらにその前の週は、106円50銭-51銭から111円44銭-45銭です。
さらにさらにその前は109円10銭-11銭から110円44銭-45銭です。
参考までにその前は、108円46戦-47銭から110円58銭-59銭です。



今週の予想

英国EU残留でドル円急上昇も

今週のドル円は英国のEU残留期待も込めて強含みな展開と予想します。

今週は今年最大のリスク要素であるブレキジット(Brexit、英国のEU離脱)問題について国民の是非を問う国民投票が23日に行われます。

各種世論調査では離脱支持派が多く、国民投票の結果が判明するまでは(日本時間24日昼頃)、リスク回避のユーロ英国ポンド売り円買いが進む可能性が大です。

その影響でドル円は上値の重い展開が予想されます。

しかし英国の国民投票の結果については、(お悔やみ申し上げます)英国下院議員の射殺事件を機に残留支持が多数を占める、という声も聞かれています。

国民投票で残留という結果になれば、今までの反動も重なりリスクオン(リスクを取ってでもリターンを得る)的な株高やドル買い円売り(ドル高円安)が急速に進むことが予想されます。

しかし、米国の早期追加利上げや年2回の利上げについては不透明であることから、ドル円は107円を越えたあたりで調整が入る展開も予想されます。

国民投票で離脱という結果となっても、EUからすぐに離脱と言うことにはならないことから実経済への影響は少ないと言われていますが、心理的なダメージは大きく、ユーロ英国ポンド売り円買いは継続。

ドル円もリスク回避の円買い(円高)がさらに進むと予想されます。

市場関係者の間では、一時的に大台の100円割れを目指す可能性も指摘されています。


今週の予想レンジは、100円00銭から108円00銭までとみます。

ちなみに先週は、105円00銭から109円00銭という予想でした。


iサイクル注文手数料無料

iサイクル注文は外為オンライン




今週の注目材料

06月21日 23:00 【米国】
イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長議会証言

21日に上院銀行委員会、22日に下院金融委員会でそれぞれ議会証言に挑みます。

22日の下院証言は上院証言の繰り返しになることが多いため21日が重要。

米連邦公開市場委員会(FOMC)会合での金利見通しについて、年内の利上げ回数を引き続き2回と考えているかどうかに注目が集まります。

年2回の利上げを示唆すればドル買い(ドル高)材料となるでしょう。


06月23-24日 【英国】
英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票

23日投票、日本時間24日昼頃結果判明予定。

今年最大のリスク要因。

各種世論調査では離脱支持が多かったものの、英国下院議員の射殺事件により残留支持が過半数を占める可能性が高くなったとみられていますが…。

今週はこの国民投票の結果次第の展開と言っても過言ではなく、残留ならリスクオンのドル買い円売り(ドル高円安)離脱ならリスク回避の円買い(円高)が加速する可能性が高いです。

世界同時株安、円高の相場展開も予想されます。



FX(外国為替証拠金取引)の感想

今週はブレキジット(Brexit、英国のEU離脱)の話題で持ちきりでしょう。

とはいえ市場関係者の間では、保守的な国民性やスコットランドの英国からの独立の是非を問う住民投票の結果から、結局は残留とみる声が多いようです。

英国のEU離脱を問う国民投票について16日にあった世論調査では、

EU離脱支持=53%
EU残留支持=47%

となり、離脱支持が残留支持を上回りました

あれ?英国下院議員の射殺事件により同情票から残留支持が過半数を占める可能性が高くなったと言われていましたが…。

資金的にヤバイきついとかの個人的な意見ではなく、日本経済全体のことを考え、これ以上の円高は勘弁して欲しいですね(涙

ドル円は日銀会合後、第二次黒田バズーカ以前の103円54銭-55銭までドル安円高が進みました。

昨年12月のFOMCによる利上げと年4回の利上げ見通し時の123円50銭。

今年1月の日銀会合による追加金融緩和時の121円70銭。

どうしてこうなった…。

いや、泣き言のひとつでも言いたくなりますよ…。

皆さんは管理人を反面教師にしてトレードしてください(涙


今からiサイクル注文トラッキングトレードをされる方は、23日の英国国民投票の結果(日本時間24日昼頃)が出てから始められることをお勧めします。

英国EU離脱=リスクオフ=米国利上げ年1回るかどうか=円高

英国EU残留=リスクオン=米国利上げ年2回あるかも=円安

と、トレンドがはっきり出そうです。

今から始めるならチャンス!



iサイクル注文トラッキングトレード運用設定時のドル円相場は、
短期:103円~110円程度のレンジ相場
長期:102円~112円程度のレンジ相場と予想します。

(iサイクル注文トラッキングトレードを利用する場合は想定変動幅として見てください)

iサイクル注文トラッキングトレードは遊んでいる最中や寝ている最中でも自動で売買取引しているので、資金管理と設定さえしっかりしておけば、あとは見ているだけ、もしくは結果を確認するだけとなります(笑)

iサイクル注文は外為オンラインの登録商標です。
トラッキングトレードは外為オンラインからライセンス供与を受けたサービスです。

トラッキングトレードはFXブロードネット
手数料無料:20,000円キャッシュバック!




現在の保有ポジション

110.500
110.300
110.100
109.900
109.700
109.500
109.300
109.100
108.900
108.300
108.100
107.900
107.700
107.500
107.300
107.100
106.900
106.700
106.500
106.300
106.100
105.900
105.700
105.500
105.300
105.100
104.900
104.700
104.500
104.300
104.100


確か今年は121.6円とかありましたよね~…(遠い目

上にも書きましたが、売りポジションの方、おめでとうございます!正解です!

それにしてもFXはトレンド変換を見極めるのは難しいですね。

管理人は現実を受け入れる気力が無くなってきています。

ああ、困った(涙


なお上記設定内容については、iサイクル注文 トラッキングトレード開始!、及びトラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参照ください。


必要金額と値幅を参考にiサイクル注文トラッキングトレードを始められてみてはいかがでしょうか。

マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも、参考・目安になると思います。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。



iサイクル注文 トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
2015年10月 1,620
2015年11月 880
2015年12月 1,660
2016年01月 440
2016年02月 -13,440
2016年03月 1,280
2016年04月 -12,940
2016年05月 60
06/01(水) 140
06/02(木) 60
06/03(金) 140
06/06(月) 100
06/07(火) 160
06/08(水) 40
06/09(木) 40
06/10(金) 160
06/13(月) 100
06/14(火) 140
06/15(水) 60
06/16(木) -6,800
06/17(金) 120
06/20(月)
06/21(火)
06/22(水)
06/23(木)
06/24(金)
06/27(月)
06/28(火)
06/29(水)
06/30(木)
当月合計 -5,540
総  計 -20,380

iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット