トラッキングトレードはFXブロードネット
管理人も利用中:20,000円キャッシュバック!

管理人は現在、対象資産(必要金額)300万円の、利益確定幅20pips(2,000円で利益確定)、想定変動幅700pips(70,000円で損切り発生)の”買い”ポジションの設定でトラッキングトレードを利用運用しています。

2016年04月-05月は急速に円高が進んだおかげで損益となっていますが、“売り”ポジションで利用運用していた人は大儲け出来たのではないでしょうか。

早く112円-113円、出来れば115円を目指して円安トレンドに傾きポジションを解消、トラッキングトレード中止(取消)後に再稼動を参考に10円超の円高には耐えれるように設定を変更したいです。

2016年01月よりマイナンバー制度が始まり、FX会社も右往左往しています。
FX会社のマイナンバー対応状況にまとめていますので、参考にしてください。

2016年04月ドル円相場の検証

2016年04月のドル円4時間足チャートBid(クリックで拡大)
2016年04月ドル円チャート↑FXブロードネット様のチャートを利用

2016年04月のドル円の値動き

2016年04月高値
112.584円(04月01日)
2016年04月安値
106.278円(04月30日)
2016年04月最大変動幅
6.306円

04月前半では、原油相場に影響された株安からのリスク回避の円買い(円高)が続きましたが、107円台割れの水準からは日本政府日銀による介入警戒もあり、04月中盤にかけては底堅く推移しました。

04月後半では、日銀おける金融政策に新たな追加緩和が検討されているといった一部報道があり、市場参加者は追加緩和期待から円売りが先行し、111円81銭-82銭まで上値を伸ばしました。

しかしその後、実際に開かれた日銀金融政策決定会合では、市場が期待していた追加緩和は行われず、失望的な円買い戻し(円高)に傾斜し、ドル円は2014年10月16日ぶりの106円76銭-77戦まで下落しました。

その後もドル安円高基調は継続し、106円27銭-28銭まで下値を拡大しました。

引用(一部改編):FXブロードネット|トラッキングトレード総評




2016年04月ドル円相場の感想

04月はなんと言っても日米欧の金融政策イベントが為替市場に多大な影響を及ぼし、金融市場は乱高下しました。

欧州中央銀行(ECB)や米連邦公開市場委員会(FOMC)では、予想通り金融政策の現状維持が決定されました。

まあ、どちらも予想通りでしたが、特に重要なFOMCではその後の声明文で、米国経済への懸念も示されつつも、06月追加利上げへ含みを持たせる内容となりました。

問題は日銀金融政策決定会合

事前にブルームバーグが日本銀行は当座預金の政策金利残高に適用している金利(現状-0.1%)をさらに引き下げる場合、金融機関への貸出金利をマイナスとする、と報道していたことによりドル円は期待上げが続いていましたが、実際は予想外のゼロ解答となる金融政策の現状維持が決定されました。

今まで追加緩和期待が高かった分、失望も大きくドル円は2日で5.5円も下落してしまいました。


上記のように、04月の最大変動幅は約6円30銭。

円高方向に振れた為、管理人はマイナスとなってしまいましたが、”売り”ポジションで利用運用している人はトラッキングトレードにて、この6円30銭の値幅での上下動を利用し、コツコツと利益を積み重ねることができたのではないでしょうか。

下記のトラッキングトレード公式も大きな利益を上げていますしね♪

管理人を反面教師にして、利用運用してみてください(涙

大切なお金です。

利用者は、対象資産(必要金額)追加や利益確定幅をさらに25pipsに広げるなど、ご自身でのリスク管理・資金管理・ポジション管理をお願いします。


iサイクル注文手数料無料

iサイクル注文は外為オンライン




2016年04月ドル円相場の実績

トラッキングトレード 2016年04月公式
ちなみにトラッキングトレード公式では、

通貨ペア
USDJPY(ドル円)
ポジション方向
売り
想定変動幅値
600pips
対象資産
3,000,000円
口座資産
5,000,000円
ポジション間隔
16.2pips
取引数量
10,000通貨



トラッキングトレード公式は16.2pips(16.2銭)の小さな利食い幅で、6円(600pips)の円安で損切りが発生する設定です。

318,116円の利益とものすごい利益が出ています。

…あれ、12.5pips(12.5銭)の小さな利食い幅で、5円(500pips)の円高で損切りが発生する設定から変わっていますね。

まあ、04月-05月と大赤字確定ですから、利益の出ている”売り”ポジションの設定に変えたのでしょう。

ちなみに、

通貨ペア
USDJPY(ドル円)
ポジション方向
売り
想定変動幅値
500pips
対象資産
3,000,000円
口座資産
5,000,000円
ポジション間隔
12.5pips
取引数量
10,000通貨

の設定だと2016年04月獲得損益額は、430,170円になるそうです。

月利に直すと8.6%、年利103.2%となり、資金は1年後2倍の1,000万円となります。

この設定だと05月も獲得利益、月利とも好成績を残す設定ですね。

トラッキングトレードテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析、パソコン画面に張り付く時間、そんなものが無くても利益を出すことは(FXで稼ぐことは)出来ますが、そのためには十分な資金と余裕のある想定変動幅の確保が必要です。

もしくは相場を読む力を身につけて「ポジション方向:売り」にしておけば、大金を稼ぐことが出来ましたね。



2016年04月末時点の保有ポジション

113.100
112.900
112.700
112.500
112.300
112.100
111.900
111.700
111.500
111.300
111.100
110.900
110.700
110.500
110.300
110.100
109.900
109.700
109.500
109.300
109.100
108.900
108.700
108.500
108.300
108.100
107.700
107.500
107.300
106.900
106.500


iサイクル注文やトラッキングトレード運用設定時のドル円相場は、
短期:105円~112円程度のレンジ相場
長期:105円~115円程度のレンジ相場と予想します。


今現在不安定な相場が続いていますが、大丈夫です。

金のなる木はあります。

金の卵を産むガチョウもいます。

資金管理とリスク管理、ポジション管理が上手く出来れば、利益が上がる方法が見出せます。

トラッキングトレードはFXブロードネット
管理人も利用中:20,000円キャッシュバック!



iサイクル注文トラッキングトレードは1,000通貨単位から始められ、口座資金・対象資金は1/10で始めることができます。

連続予約注文は、100通貨単位から始めることができ、口座資金・対象資金は1/100から始めることができます。
(もちろん1,000通貨、5,000通貨での取引も可能です)

300万円も用意するのは大変!って人も、その1/10の30万円くらいからでも始めてみるのも良いかもしれません。

どれだけのリスクを賭けて、どれだけのリターンを得るかは人それぞれですので、そこはお気をつけください。


iサイクル注文やトラッキングトレード、連続予約注文などのリピート注文系システム(自動売買)トレードのメリットデメリットをまとめてみました。
iサイクル注文 トラッキングトレードの評判検証
iサイクル注文 トラッキングトレードのメリットデメリット
参考にしてみてください。

iサイクル注文トラッキングトレードはドル高円安トレンドでも相場に追従していきますし、調整時でのレンジ相場は得意なので必要金額と値幅を参考に始めてみるのも良い時期だと思います。

必要金額と値幅は、マネーパートナーズさんの連続予約注文の場合でも参考・目安になります。
ただし10000PFXと100nanoの違いには注意してくださいね。



トラッキングトレードの利益

過去の月・日ごとのデータ(2015年03月より)
ドル円 (単位:pip)
2015年03月 1,520
2015年04月 1,400
2015年05月 1,600
2015年06月 2,100
2015年07月 1,480
2015年08月 -6,480
2015年09月 2,840
2015年10月 1,620
2015年11月 880
2015年12月 1,660
2016年01月 440
2016年02月 -13,440
2016年03月 1,280
04/01(金) 80
04/04(月) 20
04/05(火) -1,340
04/06(水) -1,240
04/07(木) -6,840
04/08(金) -460
04/11(月) 160
04/12(火) 100
04/13(水) 120
04/14(木) 80
04/15(金) 80
04/18(月) 140
04/19(火) 100
04/20(水) 60
04/21(木) 80
04/22(金) 280
04/25(月) 80
04/26(火) 100
04/27(水) 40
04/28(木) 240
04/29(金) -4,820
当月合計 -12,940
総  計 -16,040

iサイクル注文は外為オンライン トラッキングトレードはFXブロードネット